信頼資本財団について 社会事業を応援する

融資・助成を受ける

LOAN GRANT
非営利団体・社会企業の方へ
LOAN GRANT
合同会社ビーバー
合同会社ビーバー
合同会社ビーバー

合同会社ビーバー

宮城県、第22期

事業概要

本事業は、三陸の森と海の⽂化から着想した軽⾞両(⼈⼒⾞・⾺⾞等)の商品開発・販売/賃貸を通して、地産地創により地域資源の循環に貢献し、森林環境に寄与するものである。そして、新しく何かを始めようと考えている⽅(以下起業家)へ低コストなハードソリューションを提供・スモールスタートを促進し、信頼で繋がる経済圏を創出する。さらに、モバイル性が⾼い⾞両の利点を活かした仮設的な商業利⽤も想定している。⼈⼝が減り、空き地が⽬⽴ったりコミュニティが気薄化する中で、本事業を起点にコミュニティ醸成や経済活動を 促し、⼈も⾃然もあらゆる資源が循環する『森⾥海ひといのちめぐるまち』実現を推進する。

事業の理念、創業の志など

代表 ⽻根⽥ 将宏 氏

 

・地産地創の⾃然に還る建築  
 FSC認証の杉材を中⼼とした⾃然素材を積極的に活⽤し、サスティナビリティに⽋けた材料を使わずに創られた、⼦どもたちも安⼼して過ごせる空間創り

 

・セミオーダーメイド
 道路運送⾞両法上の基準の中で、デザインやプロセスをその⾵⼟やクライアントに合わせて創る。

 

・信頼で繋がる経済圏を共に創る  
 チャレンジで溢れる環境創出のために、起業家達のスモールスタートを促進するサブスプリクション等のサービスを提供していく

 

・リユース・リデザインの低コスト化  
 スクラップ&ビルドを減らし、より有効活⽤される仕組みを創る

組織情報

法人名

合同会社ビーバー

住所

宮城県本吉郡南三陸町志津川字南町207-4

Facebook https://www.facebook.com/masahiro.haneda.50
信頼責任者のご紹介・応援メッセージ 更新:2022年3月

その他の情報

八巻 眞由 さま

 

まずは融資金の完済、おめでとうございます。お疲れ様でした。

 
日々SNSを眺めていると、とてつもない量の情報が目の前を通過していきます。ほとんどが代わり映えせず記憶にも残らず流れ落ちていくなかで、その中でもふと目に止まるものが羽根田さんの投稿であることがよくあります。この先を読み進めたいと感じさせる文章や、「かわいい!素敵!」と瞬間的に目を奪われる活動写真などから、羽根田さんの活動の魅力が伝わってきて、その度に嬉しくなります。
 
信頼資本財団の融資が始まる前から、羽根田さんの想いはたびたび話を聞いてきました。
ああでもないこうでもないと考えるモヤモヤ期から、アイディアの芽が生まれる瞬間、それらが育ったり枯れたりする日々の変化、そこから少しずつイメージが膨らんでいき、信頼資本財団の融資が始まってからのチャレンジはとてもダイナミックなものでした。頭の中にあるイメージがひとつずつ形になり、プロダクトが生まれ、人が集まり、ひとつの風景となる。そんなプロセスを横で見ながら、一緒に体験させていただきました。
 
ゼロから1が生まれる瞬間、1が形になっていくまでの道のりはエネルギッシュで躍動的なものですが、これからのビーバーは生まれた1を次に向けて育てていくフェーズに入っていくことと思います。「コミュニティ」が育ってくるほど、できることが増えるのに比例するように、いろいろな難しさにも直面していくでしょう。
ですが、これまでの羽根田さんの在り方を見ていれば、きっとその度に羽根田さんなりの方法で乗り越えてしなやかに進んでいくのだろうと想像できます。
むしろ、難しさを含めた人間らしさや、この社会の生きにくささえも内包しながら、ビーバーのコンテンツが個人の生き方に対して確かなソリューションになっていくことを期待しています。
 
ビーバーの事業を通じて羽根田さんとの信頼関係もまた育まれ、「信頼もまた資本になる社会」の一片を体感することができました。これからの変化も楽しみにしています。

小関 直 さま

 

 羽根田さんが南三陸町に移住し活動を開始した頃からの関係でしたので、南三陸町で着実なステップを踏んでいる姿を見ることができて嬉しいです。融資の完済もおめでとうございます!こういったひとつひとつの積み重ねが事業を育ててくれると思いますので、まずは労いたいと思います!
 思い返すと一番最初は人力車や馬車の製造基準に準じて、木造のモバイルハウス「シダーハット」の製造から活動を開始し、そこからより自由に運べるようなプロダクトを目指して、車両型のモバイルハウスやキッチンカーの商品開発へと移行していった柔軟性や先見性にこれまで注目していました。さらに、移住後の様々な活動を通して多様な人をだんだんと巻き込み、法人化を経て、多くの関係性の中で事業開発しているところに信頼と共感を覚えます。コロナ渦の中、時代の追い風も受けながら信頼資本財団様からの支援を受けつつ、モバイルハウスやキッチンカーの事業に、親和性のあるソフト事業「移動式商店街」を絡めてハードの販売につなげていく柔軟性の高い姿に、今後の成長性を強く感じます。モバイルハウスやキッチンカーと、移動式商店街を掛け合わす事で、何か始めることのハードルが下がって行き、生き方の選択肢が増えていくきっかけをつくる事に未来を感じています。
 製品を納品する過程で悩むことや課題に直面した時に、気軽に相談してもらえる関係を構築できたことが信頼責任者になってよかったことです。今後も素直な姿勢で信頼する仲間を一人でも多くつくり、事業を成長させていってくれることを願っています!今後も引き続き応援していきたいと考えています。頑張って下さい!

さとう りょうき さま

 

 駐車場としか使っていなかったただの原っぱが、小屋があるだけでワクワクする遊び場になる。いつもは静かなシェアオフィスが、コーヒーの香りと人の賑わう声で非日常の”ハレ”の場に変わる。羽根田くんが起こす不思議な場作りは、関わってみるとなにかとても心動くものがある。 
人は、喜びも悲しみも分かち合うことが幸せなんだと気付かされる場、なのかもしれない。 
 それがどうビジネスになるのか? もしくはビジネスというフィールドでどんな場を生んいでいくのか、僕にはまだわかりません。 
 でも今暮らし方だけではなく、生き方の大きな変化の時代にあって、ワクワクする未来を見せてくれるのは確かです。 
 少子化や高齢化など、ネガティブな言葉で気が滅入るのではなく、新しく、より本質的なライフスタイルを提案してゆくことは、多くの人に必要なだけではなく、僕達自身も生きることを深く味わうことです。 
 そんな変化を望む人や街と化学反応が起きてゆくのを僕も楽しみに、関わっていきたいと思います。