信頼資本財団について 社会事業を応援する

融資・助成を受ける

LOAN GRANT
非営利団体・社会企業の方へ
LOAN GRANT
Bībā

Bībā

宮城県、第22期

事業概要

本事業は、三陸の森と海の⽂化から着想した軽⾞両(⼈⼒⾞・⾺⾞等)の商品開発・販売/賃貸を通して、地産地創により地域資源の循環に貢献し、森林環境に寄与するものである。そして、新しく何かを始めようと考えている⽅(以下起業家)へ低コストなハードソリューションを提供・スモールスタートを促進し、信頼で繋がる経済圏を創出する。さらに、モバイル性が⾼い⾞両の利点を活かした仮設的な商業利⽤も想定している。⼈⼝が減り、空き地が⽬⽴ったりコミュニティが気薄化する中で、本事業を起点にコミュニティ醸成や経済活動を 促し、⼈も⾃然もあらゆる資源が循環する『森⾥海ひといのちめぐるまち』実現を推進する。

事業の理念、創業の志など

代表 ⽻根⽥ 将宏 氏

 

・地産地創の⾃然に還る建築  
 FSC認証の杉材を中⼼とした⾃然素材を積極的に活⽤し、サスティナビリティに⽋けた材料を使わずに創られた、⼦どもたちも安⼼して過ごせる空間創り

 

・セミオーダーメイド
 道路運送⾞両法上の基準の中で、デザインやプロセスをその⾵⼟やクライアントに合わせて創る。

 

・信頼で繋がる経済圏を共に創る  
 チャレンジで溢れる環境創出のために、起業家達のスモールスタートを促進するサブスプリクション等のサービスを提供していく

 

・リユース・リデザインの低コスト化  
 スクラップ&ビルドを減らし、より有効活⽤される仕組みを創る

組織情報

法人名

Bībā

住所

宮城県本吉郡南三陸町志津川字南町207-2

Facebook https://www.facebook.com/masahiro.haneda.50
信頼責任者のご紹介・応援メッセージ 更新:2021年3月

その他情報

八巻 眞由 さま

 

羽根田さんの事業において、私がとても価値を感じているのが「タイニーである」という要素です。
私は宮城県の片田舎でまちづくり会社を運営しており、そこでは「地域住民による主体的で持続可能なまちづくり」を目指して、ひとりひとりのアクションに繋がる学びの場づくりや実践サポートに取り組んでいます。そこでいつも感じるのは「チャレンジのハードルがとても高いものとされていること」と「多くの人は、人とのつながりを願い求めている」ということです。

地方ではいまだ、時間と労力を切り売りする「労働」こそが「仕事」であるという概念が、疑う余地もなく定着しています。それ以外の時間は趣味や消費行動といったあくまで私的な時間とされている。私が取り組んでいることは、その「労働」と「私的時間」の狭間に、そのひとの願いと繋がる時間を作り出すことです。そしてその願いの多くは「人とのつながり」であり、「自分の得意を誰かに届けたい」「思いを共にするコミュニティをつくりたい」という思いから、具体的には「カフェをやってみたい」「物販をしてみたい」「イベントをやってみたい」といったチャレンジの種が生まれます。

そして次第に、とても自然に、それらを仕事にしてみたい、という思いに発展していく方が多い。しかしながら、そこで立ちはだかるのが労働の壁です。

持続可能とは到底思えない社会システムに巻き込まれ、命を繋ぐために延々と賃金を稼ぎ続けなければいけない現状が、多くの人の願いの芽を枯らしているように思います。

そこに対して、羽根田さんのタイニーハウスは確実なソリューションになると感じます。

「大きな」チャレンジに怯んで当然とも思える世の中で、「小さな」チャレンジの種がどれだけ育つことができるか、私はそこに未来の可能性をみています。

羽根田さんの生み出すプロダクトと、ひとと繋がる生態システムが、芽吹きの時を待つ小さな種にきっと光と栄養を届けてくれると信じています。

小関 直 さま

 

私は岩手県遠野市の田舎風景が目の前に広がる場所を拠点に、超低コスト住宅の開発をしています。活動の中で大切にしていることは、身近な資源を使ってできるだけ無駄なコストがないことと、参加する人と一緒にDIYでつくる事です。羽根田さんとは2018年の3月頃からの付き合いで、私が遠野で初めて製造したトレーラーハウスに宿泊体験してもらったのがきっかけです。

これまで私も羽根田さんと同様に木材を活用しプロダクトの開発に取り組んでいます。SHOPBOTというCNCルーターで加工した、室内用組立式ハウス「巣箱゜」(スパコ)とバンに積める車中泊用の家「バン箱゜」(バンパコ)等を制作しており、親和性高いプロダクト開発をしています。またプロダクトの作り手という同じ立場であるので、羽根田さんが商品開発で悩んだ時やアイデアが浮かんだときに気軽にお話しする間柄でした。私自身バン箱゜を使って日本各地の友人・知人に会いに行っているため、先日羽根田さんの事業進捗を聞いた時もプロダクトやサービスをモバイル化するアイデアに共感しました。コロナ渦で現在は自由な移動が制限されていますが、可能性の高い事業領域を開発しらっしゃると感じるので、今後も引き続き応援していきたいと考えています。頑張って下さい!

さとう りょうき さま

 

私の運営する寺院自体が、山林を所有し林業を営んでおります。過疎高齢化の社会課題をソーシャルグッドに転じていく可能性として、山林の利用に大きな可能性を感じています。
IT化、デジタル化、社会的孤立化、高ストレス化の社会において、山林<森林>の癒やし効果はますます必要不可欠になると感じております。昨今も日常のストレスを緩和するために寺院を訪れる人は徐々に増えつつあり、また山林や里山を好む傾向も強まっております。

 

1,羽根田氏の企画するタイニーハウスの設計製造が、山林の木材利用に大きな可能性を感じます。 上記のような社会の移行に比例して、よりシンプルでオーガニックな暮らしに対する関心が世界的にも高まってきます。その中でタイニーハウスはその潮流のひとつの事業と感じます。シンプルでオーガニックな暮らしに、地産の木材(間伐材等)を利用することは、今後大きなニーズになってくると感じますし、それが私自身の経営する林業の振興にもつながるWINWINの関係です。

2,タイニーハウスを介したコミュニティづくりが、既存の地縁血縁でのコミュニティが過疎少子高齢化によって限界を迎えるのに対し、ライフスタイルの提案を種子とする新たなコミュニティの草創の最大手と感じています。私自身も、寺院経営を通じて既存の地縁血縁コミュニティの終焉を日々実感しており、新しいコミュニティ創生に、逆に地域コミュニティの生き残り<生まれ変わり>の可能性を感じます。