信頼資本財団について 社会事業を応援する

融資・助成を受ける

LOAN GRANT
非営利団体・社会企業の方へ
LOAN GRANT
TERA Energy株式会社
TERA Energy株式会社
TERA Energy株式会社

TERA Energy株式会社

京都府、SB融資

事業概要

エネルギー事業を通じて社会貢献に取り組む寺院をサポートすることを目的とします。また自然エネルギーを推進し、気候変動問題の解決と環境保全へ貢献します。
寺院は地域の人々により運営されてきた公の施設です。電気料金の一部を宗教法人にサポート費として還元することで継続的な資本を地域に生み出し、寺院コミュニティの周辺の人々でその使途を考える場を創出することにより、地域に良い経済循環を生み地域が活性化することを意図しています。全国に7万ある寺院コミュニティが主体的に社会課題に取り組めば、社会をより良く変える力となり得ます。地域と共に歩み続ける寺院をサポートすることが、安心して暮らせる地域づくりにつながると考えます。

事業の理念、創業の志など

代表 竹本 了悟 氏

 

仏道に生きた近江商人の<三方よし~売り手よし、買い手よし、世間よし>に<未来よし>を加えた<四方よし>の精神を大切にします。
未来よし:100年後の子ども達の安心・安全な暮らしを守るために自然エネルギーを推進します。
世間よし:豊かなつながりを紡ぐお寺や慈善団体をサポートすることで、安心・安全な暮らしを守ります。また、エネルギーを地産地消することで、災害に強く、より豊かな地域づくりへ貢献します。
買い手よし:お得な料金プラン、電力の見える化、高齢者の見守りなど、多様なサービスでより豊かな暮らしをサポートします。
売り手よし:僧侶としてきちんと誰かの役に立つことが、私たちの大きなよろこびです。

組織情報

法人名

TERA Energy株式会社

住所

京都市右京区西京極堤外町18-124

webサイト https://tera-energy.com
信頼責任者のご紹介・応援メッセージ 更新:2022年4月

その他情報

小坂 興道 さま

 

この一年も混とんとした一年でした。新型コロナウィルス感染症は未だ収まらず、長引く疫禍に人心も疲弊し、困窮はより深まっているように思います。昨年に続き自死者数にも減少傾向は見られず、特に若年層や女性のことが心配されます。

TERA Energy 株式会社の寄付付き電気の仕組みはこうした苦しい思いを強いられている人々を支える、Sottoをはじめとする諸団体にとって有効であると考えます。なぜなら社会的に意義のある活動をしている団体ほど、経済基盤が弱かったりファンドレイジングに手が回らなかったりするような状況にあると感じているからです。寄付付き電気の仕組みがこうした団体の背中を押すものとして十分に機能してくれることを期待します。

ただいま苦しくつらい思いや生活を強いられている人たちへの支えが少しでも多く届くための力となりますように。

最近ではロシアのウクライナ侵攻により、エネルギー事情にはさらなる不安が増しています。電力会社にとっては厳しい状況と言わざるをえませんが、世界の情勢が私たちの生活にダイレクトにつながっていると実感するところでもあります。これを機に、エネルギーや資源について改めて考える機会となれば、TERA Energy 株式会社へ切り替えるきっかけとなることもあるのではと思っています。

私も微力ながら、TERA Energy 株式会社を紹介し切り替えを周りの人に奨め、応援していきます。

野呂 靖 さま

 

 テラエナジーの「寄付つき電気」の取り組みについては、設立4年目を迎えて寄付先団体が45団体とその実績が広がりつつあります。近年、世界的に流行が続く新型コロナウィルス感染症とともに、国内では地震が相次ぎ、そのなかで病気や貧困などの課題が顕在化しています。居場所を感じられない方、居場所をなくした方を支える取り組みは今こそ必要なものです。その意味で、自死・自殺にまつわる苦悩を抱えた方の居場所となる取り組みを推進している団体への寄付を行うテラエナジーの取り組みは先駆的であり、今最も必要なものと感じています。

 なかでも地震など災害時における電力の問題はきわめて重要な課題です。テラエナジーでは国内の寺院と連携し、「防災型寺院」をコンセプトに太陽光パネルの設置や蓄電池を用いた災害時の電源スポット化の取り組みも検討されているとのこと。災害時の支援の拠点としての寺院の役割を、電力の観点から構築していくものであり、重要な取り組みと考えます。私たちの暮らしに最も身近な電気から社会を変えるというテラエナジーの取り組みを心から応援しています。

廣谷 ゆみ子  さま

 

当初からテラエナジーの理念で謳われているのが、仏道に生きた近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」に「未来よし」を加えたものです。

いつまでも収まらないコロナ、相次ぐ地震災害が続く今の時代に、困っている誰かのために、無理のない形で継続的社会貢献ができることはそう多くはないのではないかと思います。

仏教界でよく聞かれる言葉に「エンゲージド・ブッティスム」と呼ばれる仏教と社会が結びついた運動があります。一般的には「社会参加仏教」と日本語訳されます。しかしなから、そもそも日本の仏教の発生は国家を守るためのものであり、社会生活とは切り離せないものでありました。それが現在の寺の印象、仏教の宗教儀礼のみがイメージされるようになったのは時代の流ればかりとは言い切れないところもあるのかもしれません。

そこで、今の仏教者の社会貢献活動を考えたときに、是非テラエナジーを知ってほしいと思います。

テラエナジーの寄付つき電気の仕組みは、環境に配慮しながら、寺のコミュニティの活動のために継続性のある経済的な支援を受けられるという現代の近江商人のあり方を体現したものだからです。