信頼資本財団について 社会事業を応援する

融資・助成を受ける

LOAN GRANT
非営利団体・社会企業の方へ
LOAN GRANT
日本自然農業協会
日本自然農業協会
日本自然農業協会

日本自然農業協会

福岡県、つなぎ

事業概要

ベトナム国ソンラー省バンホー県は、首都ハノイ市から西へ180kmに位置する標高1000〜1200mの高原地帯である。また、ラオス国境沿いに位置し、モン族、ムオン族、タイ族などの少数民族が多く暮らしている。山岳部のために、平地の耕作面積が小さく、家族単位で営農を行っている小規模農家が多数暮らしている。 このエリアにおいて、環境保全型農業の普及を目的として、自然農業のモデル農場(畜産と畑作の有畜複合農業)の立上と実践を行う。 資材の作り方、活用方法等、自然農業を体系的に学ぶ場をつくり、意欲を持って学びたいベトナム人の若者を農業技術者として育てる。地域のリーダーとなる技術者、若者を育てることで、環境保全型農畜産業(自然農業)の普及に貢献したい。

事業の理念、創業の志など

代表
姫野祐子 氏

プロジェクトリーダー
塩川実 氏

日本自然農業協会は、農業者および消費者に対して、環境保全機能を発揮する農法の研究と普及、海外農業者との連携に関する事業を行い、環境保全と国際協力において社会に寄与することを目的としています。

組織情報

法人名

日本自然農業協会

住所

福岡県筑後市前津1824−5

webサイト http://shizennogyoweb.sakura.ne.jp/wp/
信頼責任者のご紹介・応援メッセージ 更新:2021年11月

その他の情報

mia さま

 

日本自然農業協会は、設立以降28年間、自然農業の普及のため基本講習会、専門講習会、地域での勉強会などの教育活動を行ってきました。そうして学んだ協会の会員農家の方たちは全国にいて、米、果樹、野菜、畜産などの広範囲に渡って取り組まれ、成果をあげています。
化学肥料や農薬に頼らず、環境を守ってきました。特に、土着微生物や天恵緑汁などの活用で、作物の味が良くなるなどの品質向上も見られます。また地元の自然資材を活用する農業なので、海外でも普及が進んでいます。
韓国、中国、台湾、フィリピンなどアジア諸国、アメリカ、アフリカなど、多くの国で普及されています。
ベトナムでは、化学肥料や農薬が許容量を超えて使用され、農地の荒廃や農民の健康被害が心配されます。自然農業の普及で環境を守り、安全でおいしい農畜産物が生産されるようになるのではないかと思います。今回のベトナムでのプロジェクトに期待しています。

小野 邦彦 さま

 

塩川実さんとは知り合って10年ほどになりますが、過酷な環境にあっても不測の事態が起きても倦むこともなく擦れることもなく、目の前のものごとと正対している姿勢にいつも感銘を受けます。彼なら、自然資本と人間関係資本の増幅に貢献できる事業をつくってくださると思います。

後藤 和明 さま

 

①30年以上有機農業の生産技術確立のためチョー先生を中心に日本・韓国及び発展途上国アジア アフリカに技術普及に努めている為
②協会運営、出版、販売の実績・経験がある為
③行政が求めている事を実践できる唯一の組織の為