信頼資本財団について 社会事業を応援する

融資・助成を受ける

LOAN GRANT
非営利団体・社会企業の方へ
LOAN GRANT
パレスチナ・アマル
パレスチナ・アマル
パレスチナ・アマル
パレスチナ・アマル

パレスチナ・アマル

滋賀県、第25期

事業概要

 弊社はパレスチナの伝統工芸品であるパレスチナ刺繍や、ラスト・カフィーヤ(織物)等の輸入販売を行っている。2017年より国連(UNRWA 国連パレスチナ難民救済事業機関)のパレスチナ刺繍プロジェクト「UNRWA・Salafa」の商品を扱いはじめた。作り手は、未亡人や離婚されたような社会的な立場の弱いガザの難民女性300人。失業率の高いガザにおいて、現地の女性たちの貴重な収入源である。

 Salafaは弊社だけでなく、イギリスやアメリカなど5か国との取引をしている。しかし、コロナにより一件の注文もなく、刺繍づくりを続けられるか窮地に立たされていた。そんな折に、カタログハウスにより打診を受け、刺繍ストールの「通販生活」への掲載が決定した。

代表 北村 記世実 氏

 

 弊社のミッションは以下の3つである。
1.パレスチナ製品の販売を通して、現地の伝統や文化を広く紹介する
2.現地の地場産業を保護し、難民女性の自立支援を行う
3.現地で新たに雇用を創出する
 パレスチナ刺繍ストールを広く販売することで、コロナにより、さらに生活が困窮しているガザの難民女性たちに刺繍づくりを続けて頂くことができる。刺繍は彼女たちにとって、貴重な収入源でもあるが「誇り」でもある。この事業を通して、彼女たちの自立支援を行う。

組織情報

法人名

パレスチナ・アマル

住所

滋賀県大津市打出浜2-1 コラボしが21. 1F Biz Base コラボ21 B9

webサイト https://amal-f.jp/
信頼責任者のご紹介・応援メッセージ

その他の情報

佐藤 真紀 さま

 

 今年5月にはパレスチナのガザ地区が激しく攻撃され、希望が持てない状況が続きますが、そのような中で、パレスチナ・アマルが、日本国内での受注を伸ばしていることは、希望の光になっていると思います。
 日本人は、もともと海外のニュースなどへの関心は少ないと言われており、よっぽどひどい状況になれば、大騒ぎしますが、また報道もその後は視聴率が取れないという理由だけで、ぴたりと途絶えてしまいます。そのような状況で、パレスチナ・アマルの活動が新聞等で取り上げられること、また学校の教材等でも取り上げられることはとても喜ばしく思っています。私は、大学で中東を教える機会をいただいておりますが、学生たちは、SDGsといった問題には関心は高いものの、以前のように国際関係に関心を持つ学生たちは少なくなっています。というのも、入学当初からコロナの影響を受けており、海外に行くという選択肢は最初から除外されているのが現状なので、興味を持てというほうが難しいのかもしれません。しかし、日本は、経済大国であり、国際貢献を担わなければならないという国際的なコンセンサスから逃れる事はできません。したがって、教育は非常に重要であり、パレスチナ・アマルの活動は教材としても大きな意味を持っており、これからも頑張っていただくよう応援したいと思います。SDGsを考えれば、まさに近江商人の3方よしの哲学が持続可能な世界を作ることにもつながり、近江を拠点に活動されている北村さんのご活躍に注目しております。

(更新:2021年12月)

藤井 裕子 さま

 

 株式会社カタログハウスが発行する【通販生活】2021春号の26pに「緊急支援」というタイトルで、パレスチナ・アマルの刺繍ストールが掲載された。コロナ禍の影響で、パレスチナ難民の女性たちが作る刺繍製品の注文が無くなるという事情が背景にあったが、カタログハウスという全国的な展開をし、実績もある通販事業者との取り引きは、パレスチナ・アマルとしても、難民の女性たちを束ねるUNRWA・sulafaとしても簡単な決断ではなかったと思う。そういった意味でも、信頼財団からの融資は心強いものになったとはずである。
 年明けから始まった事業ではあるが、思いもかけず、イスラエルとハマスとの戦争が起きる。5月にはガザへの集中的な攻撃があり、刺繍事業どころではなくなる事態となった。順調に購入申し込みがされている最中の、戦争勃発による事業中断となり、また再開すら確約できない。とにもかくにも、まずsulafaの女性たちの無事を祈る時間だった。このような状況のなか、取り引き先のカタログハウスは「アマルの責任ではない」と温かい言葉をかけてくれたと聞く。また、貴財団からの融資があったため、戦争後の立ち上げもスムーズに行うことができた。
 結果的にこの事業は400枚のストールを納品し、取り引きは無事に終了。
カタログハウスの高い品質管理にも、よい質の布が手に入らないガザで、sulafaは数枚のB品しか出さなかったという(このために眼鏡を購入して布や刺繡にチェックをしたとか)。
 5月の戦争被害から通常の活動に戻るには時間を要する。アマルは、彼女たちに刺繡を刺すことで前を向く励みになってほしいと、先行支援を行っている。彼女たちの製品を待つ人たちが現在650名程いるそうだ。
 パレスチナ・アマルとUNRWA・sulafaの挑戦はまだまだ続く。応援の輪も広がっていくと信じている。

(更新:2021年12月)

飯野 真理子  さま

 

長年、中東地域、特に紛争が続くシリアやレバノンを見てきました。学生時代にシリア留学したため、その地域にはたくさんの友人がいます。中には、紛争や迫害によって、人生の大切なものを失った友人も少なくありません。故郷を追われ、家も仕事も失った人たちが、最も失ったものは「尊厳」なのではないかとも感じます。

「自分の力で何かをできる」「自分自身で変化を起こせる」と感じられることが、未来への希望であり、明日を生きる力を生むのではないかと思います。パレスチナ・アマルさんが、ガザ地区の女性たちの自立を、刺繍という伝統産業を通して支援することは、女性たちが自らの仕事で生活を切り開くだけでなく、そのことによっての尊厳をつかむことにもつながるのではないかと心打たれました。何より、女性たちが紡ぎ出す刺繍は美しいです。そこには誇りと尊厳があるのだと感じ、それを創り出すことがアラビア語でいう「アマル」=「希望」なのだと思います。そして、こうした取り組みは、他の地域への希望となると信じています。

(更新:2021年4月)