信頼資本財団と学ぶ

A-KIND(あかいんど)塾

  • 目的

    ビジネスの原点
    「人の心を掴む」ことを学ぶ

  • 対象者

    社会事業家
    社会事業を考えている方

  • 開催時期

    4月〜12月

A-KIND塾とは?

 A-KIND塾(あかいんど塾)は、思いを形にする技術を学ぶ塾であり、そのために「KIND=親切な、優しい、思いやりのある、親切で、心からの」という目には見えない、耳には聞こえない価値を形にし、売りて良し、買い手良し、世間良しそして未来良しという「四方良し」  の持続可能な社会貢献をすることで、企業の生存確率をあげ、利益を上げるための原資の信頼関係を増幅することを学びます。

ビジネスの原点は「人の心を掴む」こと。KINDの要素は人しか作れない。
A-KIND塾はその拡大再生産を学び合う場です。

未来設計実践塾

  • 目的

    社会問題を解決に導く
    行政マンを育てる

  • 対象者

    行政職員

  • 開催時期

    6月〜12月

未来設計塾とは?

 市民は、管理対象でもなく、マーケティング対象でもない。市民は、資産である。
様々な社会課題およびそのリスクを抱える日本。いずれの地域でも、個別対応を超えて、「私は『未来』である!」という当事者意識を持ち、「市民のための市民による市民の未来構築」ができる【志民】という資産を増やすことが求められている。
そこで、【志民】が理想社会の実現に向けて実行しやすい社会的環境の基盤を作る新時代へのマインドシフトと、未来設計の実践のため構想・構築・実践という事業開発スキルを学ぶ、行政職員を対象とした塾を開講する。

未来の経営感覚・発想へのマインドシフトを身に付け、行政マンの立場で社会問題を解決に導く施策を考える能力を磨くとともに、京都市(および周辺自治体)の職員同士の次世代ネットワークを構築する。 組織・共同体の維持に不可欠な「capability(自己革新能力)」、構想を具現化する「構築力」、無形資本・暗黙知を形式化・集合知化する能力を持つ人材を育成し、そのような有志職員が、部署や担当業務の範囲を超えて知恵やネットワークを交換し合い、都市経営を支えるサブシステム(ブレイン)として機能することを目指す。