融資先情報共感融資の融資先企業・団体一覧

Bībā

宮城県/第22期
事業概要

本事業は、三陸の森と海の⽂化から着想した軽⾞両(⼈⼒⾞・⾺⾞等)の商品開発・販売/賃貸を通して、地産地創により地域資源の循環に貢献し、森林環境に寄与するものである。そして、新しく何かを始めようと考えている⽅(以下起業家)へ低コストなハードソリューションを提供・スモールスタートを促進し、信頼で繋がる経済圏を創出する。さらに、モバイル性が⾼い⾞両の利点を活かした仮設的な商業利⽤も想定している。⼈⼝が減り、空き地が⽬⽴ったりコミュニティが気薄化する中で、本事業を起点にコミュニティ醸成や経済活動を 促し、⼈も⾃然もあらゆる資源が循環する『森⾥海ひといのちめぐるまち』実現を推進する。

 

事業の理念、創業の志など

代表 ⽻根⽥ 将宏 氏

・地産地創の⾃然に還る建築  
 FSC認証の杉材を中⼼とした⾃然素材を積極的に活⽤し、サスティナビリティに⽋けた材料を使わずに創られた、⼦どもたちも安⼼して過ごせる空間創り

・セミオーダーメイド
 道路運送⾞両法上の基準の中で、デザインやプロセスをその⾵⼟やクライアントに合わせて創る。

・信頼で繋がる経済圏を共に創る  
 チャレンジで溢れる環境創出のために、起業家達のスモールスタートを促進するサブスプリクション等のサービスを提供していく

・リユース・リデザインの低コスト化  
 スクラップ&ビルドを減らし、より有効活⽤される仕組みを創る

組織情報
法人名

Bībā 

住所 宮城県本吉郡南三陸町志津川字南町207-2
Facebook https://www.facebook.com/masahiro.haneda.50
その他情報

信頼責任者のご紹介・応援コメント

八巻 眞由 さま

 

循環型のまちづくりを行っている南三陸町で地元の木材を利用した車両型のモバイルモジュールを活用してマイクロワークの拠点やチャレンジスペースとして誰もがやってみたいことに挑戦・実験できるようなコミュニティの形成を目指して「みなまち原っぱ」を企画するなどして、活動している点はYOMOYAMA COMPANYのビジョンである「すべての人が生きたい未来を自由に思い描き、語り合い、自らの手でつくり出せる社会」とも共通しており、協働することによりシナジーを発揮して持続可能な社会づくりに貢献できるものと考えている。

また、羽根田氏は地域で課題となりうる技術の承継や未利用材・廃材、エネルギー問題等についても独自の視点を持ったアプローチを考えており、地域の造船技術を活用しつつ、廃材のアップサイクルにより廃棄資源の減量への取り組みを考慮するなど、自然資本を最大限に活用した豊かな暮らしに貢献しようとしている。

羽根田氏は関東で子ども施設の設計業務やプログラミング幼児教育等の現場のお手伝いや、発達障害をもつ方々とのグループホームでの共同生活を通して多様性のあるコミュニティ創りにも見識があり、この点においても当法人の主たる事業である人材育成事業(YOMOYAMA SCHOOL)の「山を登るように、個々がそれぞれのルートで段階的に学び、成長できる環境づくりをする。」という理念と共通しており、互いに人間関係資本の増幅に貢献できる。

自然に還るプロダクトであるモバイルモジュールの建築・再利用によって自然資本を無駄なく利用し、多様性を受け入れながら人間関係資本を豊かにして多様な面で循環型社会を目指すという共通の理念を持つ羽根田氏を当法人として自信を持って推薦する。

 

 

 佐藤 和幸 さま

 

羽根田氏は南三陸産のFSC材を利用してプロダクトを建設する「地産地創」の建築により、木材の利用促進と長期的な空き家対策に資することで循環型社会を構築することを理想として本事業を起こした。この理念に共感したため羽根田氏を推薦する第一の理由であるが、低コスト、短期間で建築できるメリットを活かし、今後仮設住宅や店舗等での利活用が見込めるという可能性を強く感じたことも挙げられる。

また、羽根田氏個人をNext Commons Labで見ていて、法律・条例の変更によるハードルを柔軟な発想で超えていく力や、地域の造船技術を建築に応用しようというユニークな発想、自身で設計業務もこなせるというところに魅力を感じたことも大きい。

さらに、南三陸町での活動を軸としながらも、場づくりや多様性を持ったコミュニティ形成のために宮城県丸森町での人材育成塾等に積極的に参加し自己成長を継続しようとする姿勢や行動力、実行力には感嘆を覚える。経歴を見ても、長年福祉系の設計業務等を経験し、発達障害を持つ方々とともにグループホームで暮らした経験からも人間関係についてフラットに接することができる人であると思われる。

羽根田氏が南三陸の自然資本や人間関係を軸としながら、南三陸町・丸森町でさらに人間関係を豊かに構築し、それぞれの地域における自然・人的リソースを最大限に活用することによって点ではなく、面での持続可能な事業の構築が可能であると確信している。

 


小関 直 さま

羽根田さんとの出会いは2018年の3月頃に私が遠野で初めて製造したトレーラーハウスに宿泊体験してもらったのが始まりで、モバイルハウス研究員として一週間くらい過ごしてもらいました。その後は出張の合間に、南三陸町でお互いの構想やプロダクトを見せあうほど良いライバルのような存在でした。

 

お互いの地域で求められる事に違いはあれど、モバイルハウス開発が地域に貢献できることがたくさんあると私自身活動する中で実感があります。

 

東日本大震災では津波の被害等の図りきれない課題が地域にあるかと思いますが、羽根田さんの活動を通じて少しでも明るい未来をつくって欲しいと思っています。

 

そしてこれからも、学びあいの機会を持てることを楽しみにしています。

募集要項や提出書類、申請からお申込みまでの流れなどを詳しく知る

融資のお申し込み