信頼資本財団について 社会事業を応援する

寄付をする

DONATION
応援を考える個人・法人の方へ
DONATION
Home 寄付をする 寄付先を探す 一般社団法人 ピースボート災害支援センター(PBV)
一般社団法人 ピースボート災害支援センター(PBV)
一般社団法人 ピースボート災害支援センター(PBV)
一般社団法人 ピースボート災害支援センター(PBV)

人こそが人を支援できるということ
すべての人々がお互いに助け合える
社会をめざして

一般社団法人 ピースボート災害支援センター(PBV)

被災地での災害支援活動や災害に強い社会づくりに取り組んでいます。国や地域を越えて、すべての人々がお互いに助け合える社会を創ることが、困難に立ち向かう力になると信じています。災害に見舞われた地域の回復のために、多様な支援者と共に、被災者のニーズに合わせた支援活動を展開しています。

2022年4月6日、ピースボート災害支援センターからウクライナ人道支援に関する以下の文章が寄せられましたので、緊急に掲載します。(信頼資本財団より)

 

2022年ウクライナ緊急支援募金 ‐ All for Ukraine ‐

戦火を逃れた人々にあたたかい支援を

2022年2月24日、ロシア軍によるウクライナへの侵攻が始まり、ウクライナの複数の都市でミサイルなどによる軍事攻撃が行われています。多くの民間人や子どもを含めた犠牲者が発生しています。ウクライナから約424万人以上(UNHCR:2022/04/04時点)が難民として国外に逃れ、推定710万人以上(IMO:2022/04/05時点)もの人々がウクライナ国内で避難を続けています。加えて、1,300万人もの人々が避難ができず現地にとどまっているという、これまでにない人道危機に直面しています。

事業内容

団体について

「お互いさま」を共に歩む

 

 

いつ、どこで起こるか分からない災害は、時に私たちを被災者にし、時に私たちを支援者にもします。自分を守り、大切な人も守る。そして少し遠くの「あの人」を支えます。 私たちは、被災者や被災地域の回復のために、その文化や営みに寄り添い、支援者として自発的に関わる多様な人々の想いを具体的に“役に立つカタチ”にします。

 

具体的な事業や活動の内容

想いを“役に立つカタチ”にする

1.国内外の災害支援

困難な状況にあったとしても、適切なサポートがあれば、未来に向かう一歩が踏み出せます。ひとつとして、同じ災害はありません。ネットワークを駆使した情報収集と直接現場で被災者のニーズを把握します。課題解決力のある災害ボランティアをコーディネートし、その時、その場、その人に合わせた多様な支援を実施しています。

 

2.防災・減災への取り組み

お互いの命や生活を守るため、災害ボランティアトレーニングや家庭・地域の災害対応研修、避難所の運営訓練、防災イベントなど、防災・減災を学ぶ機会を提供しています。そして、有益な支援活動が実現できるよう、行政や支援団体、地域組織など、多様なセクターが連携し協働できるネットワークを構築しています。

 

3.東北への支援

東日本日本大震災では、宮城県石巻市を中心にのべ8万人の災害ボランティアと共に、家屋清掃や食事支援、避難所支援、仮設支援など多岐にわたる支援活動を実施してきました。以降も、地域の皆さんと地域を元気にする取り組みを行っています。また、福島県南相馬市では、中高生を「国際交流の船旅」に招待し、学びの機会を提供しています。

 

 

事業や活動の展望

毎年発生する災害への対応をおこないます

激甚化する災害

残念ながら毎年、世界各地で災害が発生しています。 地震や津波の被害の他、日本では特に豪雨や台風の被害が顕著です。地球全体の気候変動の影響もあり、今後も風水害は増加する傾向にあります。行政などの公助では補いきれない部分を、支援者の皆さんと一緒に被害に遭われた被災者や被災地のサポートをおこなっていきます。

 

 

ご寄付のご活用内容

ご寄付は、国内外の被災者への支援活動に活用させていただきます。

被災状況やニーズに合った支援

・被災地へのスタッフ派遣や被災状況・ニーズに関する調査活動

・物資支援、食事支援(炊き出し)、被災家屋の清掃
・避難所運営サポートや避難生活の環境改善
・仮設住宅支援やコミュニティ形成のサポート
・災害ボランティアの派遣、災害ボランティアセンターの運営サポート
・支援団体間調整や連携のサポート
など

事業報告

頻発した豪雨災害。

皆さまのご支援のおかげで、コロナ禍でも継続して被災地に支援を届けることができました

1.実施内容

新型コロナウイルス感染症が継続する中、2021年福島県沖地震、静岡県熱海市土砂災害、8月豪雨災害への支援を実施することができました。特に月豪雨災害で支援に入った佐賀県大町町は、2年前の九州北部豪雨でも被災し、PBVが支援に入ったつながりのある地域でした。これまで培ってきた行政・社会福祉協議会・支援団体と連携をさらに深め、発災後スムーズに支援を行うことができました。

 

2.事業成果

福島県沖地震では屋根の被害を受けた、宮城県山元町で応急対応の技術チームを派遣し、屋根対応と担い手育成を行いました。熱海市土砂災害では避難者に生活再建へ向けた意向調査を行い課題の洗い出しを行ました。

8月豪雨では専門スタッフを派遣し、コロナ禍の避難所運営アドバイスや支援物資の調整、地域の支援交流拠点の運営などを行政や社会福祉協議会、支援団体と密に連携を取りながら行いました。

 

3.今後の課題

コロナ禍で2年目の災害支援を行い、経験やノウハウを培ってきました。今後も感染症拡大の懸念がある中でも、被災地に心を寄せる多くの支援者が被災地に関われるよう努めていきます。遠隔からの支援方法や感染症対策をしながらのボランティア募集なども検討していきたいと考えています。また、この間培ったノウハウを多くの人たちに還元できるよう情報発信していきます。そして、より地域で災害対応ができる担い手育成にも精力的に取り組んでいきます。

法人・団体名

一般社団法人 ピースボート災害支援センター

代表者

山本隆

住所

東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A

電話

03-3363-7967

URL https://pbv.or.jp/

一般社団法人
ピースボート災害支援センター(PBV)

#記事をシェアする