信頼資本財団について 社会事業を応援する

寄付をする

DONATION
応援を考える個人・法人の方へ
DONATION
Home 寄付をする 寄付先を探す 特定非営利活動法人ユナイテッド・アース
特定非営利活動法人ユナイテッド・アース
特定非営利活動法人ユナイテッド・アース
特定非営利活動法人ユナイテッド・アース

市民の力を結集して、
自立型・循環型の新しい
社会モデルの創造に邁進していきます

特定非営利活動法人ユナイテッド・アース

「心豊かな人物を育める社会」「一人ひとりが幸せを実感できる社会」を実現すべく、海外の貧困地域への自立支援活動の実践。国内における災害時の復興支援、教育機関と連携した次代を担う人材育成事業、自立循環型の「新しい社会モデル」の実現に向け、地方自治体と連動した地方再生事業など、様々な社会問題への取り組みを継続しています。

事業内容

団体について

復興から未来へ!

2011年3月、東日本大震災発生以降、宮城県を中心に震災支援活動を開始し、国内外から集まった延べ4万人以上のボランティアや団体、企業と共働し、一時の支援に終わることなく、長期的な支援を継続しています。その後も国内外で発生した災害において、各地で拠点を構え、「産業復興と雇用の創出」を念頭に起き、家屋清掃などの生活支援は勿論、各地域の基幹産業である農業、漁業などの産業復興支援にも取り組んできました。

 

 

具体的な事業や活動の内容

有事や災害時に復興支援活動を展開!

体制構築を目指します

1.2011年~ 東日本大震災復興支援活動

東日本大震災発生直後から、宮城県南三陸町に活動拠点を構え、復興支援活動を開始。
阪神淡路大震災の経験を活かし、全国から集まった延べ3万5,000人のボランティア、企業の方々と連携し、長期的なビジョンを見据えて活動を展開。現在は宮城県登米市に拠点をかまえて継続的な活動を続けております。

 

2.2016年 熊本地震 復興支援活動

熊本県阿蘇市に拠点を置き災害復興活動を実施。延べ3500人のボランティアの方々にご参加いただき、甚大な被害を受けた農業と観光業の産業復興といった長期的なビジョンを見据えた活動を展開しました。
被災地スタディプログラムに大手企業や学校などを含む15団体・300人の方々にご参加いただきました。

 

3. 2018年 西日本豪雨災害 復興支援活動

西日本豪雨災害の復興支援として、愛媛県宇和島市吉田町を拠点に約2か月にわたって災害復興支援活動を実施。延べ1400人のボランティアの方々にご参加いただきました。JAえひめ南や自治体と連携し、土砂崩れで甚大な被害を受けた基幹産業であるみかん果樹園への産業復興を中心とした支援活動を行ってまいりました。

 

4. その他全国各地の被災地に活動拠点を設け災害復興支援活動を展開

●2015年台風18号災害:被災小学校へ支援金の贈呈
●2017年九州北部豪雨:福岡県朝倉市にて活動(ボランティア延べ700人) 
●2018年北海道地震支援:現地NPOへの支援金の贈呈
●2019年台風19号災害:栃木県鹿沼市にて活動(ボランティア延べ500人)
●2020年令和2年7月豪雨:熊本県を中心に物資支援

 

5. 災害復興メンバーの人材育成

日本では、今後も異常気象や巨大地震などの災害が起こると予測されており、これまでの災害復興支援活動で培った経験を活かし、防災・減災の対策だけでなく、被災直後から復興までの支援活動を組織的に実践できる人材の育成、また平時にはソーシャルイノベーションを実践する人材の育成を目指し、災害復興メンバープログラムを実施しています。(年10回実施 約 100 名受講)

 

 

事業や活動の展望

カンボジアにおける自立支援

1.カンボジアの現状

カンボジアは、トイレなどの衛生施設の普及率が世界で最も低く、安全な水を手に入れられるのは全人口の約40%、さらに、トイレなどの適切な衛生施設を使用できるのは、たったの17%、農村部においては8%にすぎません。汚水を口にして亡くなる子ども達も後を絶たず、そんな子どもたちの命を救い未来をつくる希望になれるよう活動しています

 

2.水で救える命がある。カンボジアに井戸設置支援を!

2009年の支援開始から、皆様のご支援で延べ190基以上の井戸をカンボジア国内に設置することができ、約4000人の方へ安全な水を届けることができました。
また、井戸だけでなく、ゴミ山などの厳しい環境で暮らす子どもたちに、食糧支援やサンダル、長靴、教材などの物資支援も行っています。

 

3.子供たちが絵本や物語に触れる機会を!カンボジア図書館建設支援

カンボジアでは、ポル・ポト政権時代の「知識は人々の間に格差をもたらす」という思想のため医者・教師・技術者・学生をはじめとする知識のある大人が多く殺害されてしまい、たくさんの書籍が燃やされてしまいました。2014年以降、合計3棟の図書館をコンポンチャム州にある小学校・中学校に建設することができました。

 

 

ご寄付のご活用内容

国内・海外における貧困問題の解決へ

1. ひとり親支援

日本の社会問題のひとつでもある「ひとり親世帯」の貧困問題。2020年のコロナウイルス感染症の影響により、失業した・子どもを預けられなくなり働けなくなった・頼れる人もいないなど、ダブルショックを受け、困窮されている方々の支援をしたい!という想いから、この「ひとり親支援プロジェクト」を立ち上げ支援を実施いたしました。

 

2. 中国四川省涼山での自立支援活動

2002年9月から中国四川省涼山という地域に住む子どもたちへの自立支援活動を展開。単なる学費支援に留まるのではなく、次世代を担う人材育成という観点から、子どもたちの自立機会を様々な形で創造しています。現在、大学を卒業し、立派な社会人として活躍しています。中には、日本の大学院への留学を実現した生徒もいます。

 

3. ケニアでの自立支援活動

2009年よりスラムの清掃活動や、就業支援としてのマンゴー植林、給水タンクの設置、井戸掘り、医療支援などの支援を開始。無電化地域の多くでは照明として灯油ランプが使われていますが、明るさが不十分ではなく、健康被害や火事の危険にさらされているのが実情です。
そこで、「ソーラーLEDライトと携帯充電器」の普及を行っています”

 

事業報告

ご支援ありがとうございました

1. 実施内容

①災害支援活動
・2019年10月~ 東日本を中心に全国を襲った台風19号 栃木県鹿沼市社会福祉協議会と連携し、産業の復興を念頭にした農家の復興支援に尽力
・2020年7月豪雨災害においては、コロナ禍の中物資支援に注力した支援活動
②カンボジア自立支援活動
・井戸設置支援支援・トイレ設置支援・地元小中学校への図書支援
③ひとり親支援
・コロナ禍の緊急支援としてひとり親世帯への支援を実施

 

2. 事業成果

①災害支援活動
・2019年10月台風19号災害支援(寄付総額 約440万円・延べ500人のボランティア)
・2020年7月豪雨災害 (寄付金額約500万円)
②カンボジア支援
・井戸 年間で約100基設置(700万円)合計193基(約4000人の子供たちが利用可能)
・図書館 2棟建設(約600万円)合計3棟
③ひとり親緊急支援
・合計23家族、37名のお子様 へ支援完了(約110万円)

 

3. 今後の課題

・世界中で二極化する格差社会、深刻化する地球温暖化、止まない紛争、少子高齢化等々、私たちの人生にも大きな影響をもたらす事態が進んでいます。
・まさにこれから地球規模の課題に対して、私たち一人ひとりが力をあわせ相互研鑽しながら取り組んでいかないといけないタイミングであると感じます。

法人・団体名

特定非営利活動法人ユナイテッド・アース

代表者

渕上 智信

住所

神戸市中央区東川崎町1-7-4

電話

078-360-3358

連絡先

info@united-earth.jp

URL フロントページ

特定非営利活動法人
ユナイテッド・アース

#記事をシェアする