信頼資本財団について 社会事業を応援する

寄付をする

DONATION
応援を考える個人・法人の方へ
DONATION
Home 寄付をする 寄付先を探す NPO法人よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず
NPO法人よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず
NPO法人よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず
NPO法人よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず

島で出産できない!
そんな小さな離島でも子育てしやすい環境を!

NPO法人よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず

あんまぁ〜ずは、「与論愛の連鎖でママを笑顔に」をミッションに、出産・子育て環境に関する離島特有の様々な問題を解決すべく、子育て真っ只中の母親(アンマー)たちで活動している団体です。令和3年度内閣府「子供と家族・若者応援団表彰/子育て・家族支援部門」にて『内閣総理大臣表彰』を受賞。

<信頼資本財団からのお知らせ>

新たな事業への組換えのため現行の共感助成は2025年2月末をもちまして終了いたします。

これに伴い、マンスリー寄付の新規お申込みは、2024年5月31日までといたします。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

団体・法人の全事業内容

島での子育てに前向きになれる、困った時に頼りになる、そんな団体であり続けたい。

1.Yadoo!プロジェクト(出産待機/通院/遠征向け宿泊施設の運営)

コロナ禍では出産の立ち会いどころか、島に戻るまで家族に会えないケースもあります。また専門外来が常駐しておらず、島外の病院に通院することも少なくありません。さらに子どものスポーツ活動や試合、文化芸能の大会、進路先見学や受験等で島外へ行く必要が多々あり、離島がゆえの経済的負担が大きくあります。そこで、安価で滞在できる施設を運営しています。

2.出産お祝いプロジェクト

もう1人産みたい、子どもの笑い声を絶やさない島を目指したプロジェクトです。地域全体で産み育てやすい気運を高めるために、各店舗で出産お祝い特典を得られる仕組みを作りました。ここ数年では本土と同じく、出生数が大幅に減少。気づいた時には既に遅し!とならないために、当初17店舗からスタートし、現在57店舗から協賛いただき出生数も微増しています。

3.子育て世帯みんなの居場所「ASiBee」

妊娠期からママ&パパ、乳幼児、小学生・・・。みんなが気軽に足を運べるような居場所「ASiBee」を今年7月より開設。ママが一息つけ、子どもたちの遊び場としても楽しく過ごせる交流空間を目指しています。便利な子育てアプリの紹介や情報シェアの掲示板、子育て機関とのコラボレーションイベントも随時開催予定です。

4.その他、制服リユースなど離島ならではの問題に着目した活動

制服リユースプロジェクト「attara」や大型育児用品マッチングサービス「M+attara」では、本土からの異動で出入りが多い離島事情の中、学生服や大型育児用品を譲りたい人・欲しい人のマッチングをしています。子ども服交換会は、子どもの不要服を持ち寄り、必要なサイズを持ち帰るイベント。これらのサービスがあって助かった!との声を糧に常時活動しています。

ご寄付の活用内容

それぞれの活動の維持・継続・改善のために使わせていただきます。

1.離島の子育て世帯の経済的負担の軽減に役立てます。

本土では当たり前のような生活場面においても経済的・精神的・物理的負担が大きい与論島の子育て世帯。私たちはその負担を軽減し、楽しく子育てできるような環境を作っていきたい想いで活動しています。活動に係る必要な経費等に使わせていただきます。

2.持続可能な団体を目指します。

子育て真っ只中の母親たちが、情熱のまま資金ゼロからスタートしたあんまぁ〜ず。子どもの成長に伴い、自分達のライフサイクルも変化していく中で、新たな雇用や、維持継続していくための財源が必要なことに気付かされました。これからも持続可能な団体であり続けられるよう、与論愛の連鎖で島の未来を一緒に作っていただけたらと思います。

 

事業報告<2022年7月15日〜2023年7月14日>

皆さまから頂いた与論愛で、多くのママを笑顔にできました!

1.実施内容

事務所の移転を機に、子育て世帯の居場所「ASiBee」を開設し、子育て世帯がより立ち寄りやすい環境を整備しました。「読み聞かせ」や「ママの筋トレ」などの定期イベントの他、「Welcome Baby会」「手形アート」「父SUNDAY」等、ニーズに沿ったイベントを随時開催しました。Yadoo!では、宿泊施設が増え遠征やオープンキャンパス時の滞在先として利用できるようになりました。

2.事業成果

Yadoo!:モニターを含め延べ260泊のご利用がありました。
出産お祝いプロジェクト:協賛数が昨年度より9店舗増え、57店舗ものご協賛をいただけました。
ASiBee:延べ137名もの利用があり、ASiBee祭では3時間のうちに60名ほどが来店。
attara:制服のお渡しが100件あり、どの事業も周知されてきたことを実感しています。
3月にはKKB放送局にて私たちの活動の特集が放映され、
4月には与論町町政60周年記念式典にて、感謝状をいただきました。
皆様のご支援のおかげで多くの方々にご利用いただくことができました。
本当にありがとうございました!

3.今後の課題

『与論島の子育てのことなら「あんまぁ〜ず」!!』
と、島の子育て世帯の心の拠り所になれるよう、与論愛の連鎖をつなげていけるように活動を続けて参りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします!!!

法人・団体名

特定非営利活動法人よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず

代表者

内野正世

住所

〒891-9301
鹿児島県大島郡与論町大字茶花1613

メール

yoron.anmas@gmail.com

URL

https://yoronanmas.wixsite.com/mama

NPO法人よろん出産子育て応援隊
あんまぁ〜ず

#記事をシェアする