税制優遇について

TAX DEDUCTION税制優遇について

信頼資本財団は、2009年に内閣府から公益認定を受けた、税額控除に係る資格を有する財団です。

したがいまして、皆様からのご寄附は、次のような制度の対象となります。

●個人としてのご寄附は、税額控除もしくは所得控除が受けられます。
●法人からのご寄附は、損金算入が認められます。

税金を納めるだけでなく、その一部を、私たち財団のような特定公益増進法人等に寄附することにより、ご自身で選ぶ特定の社会問題解決に関与していくことができるこうした制度を、ぜひ、ご活用ください。

寄附金控除が受けられます

控除には2つの方法があります。


税額控除方式

「その年に公益法人等に寄附した合計額から2,000円を差し引いた額」の40%相当額を所得税からの控除できる制度です。
ただし、控除限度額は、所得税額の25%です。

  • 年間1万円の寄附をした場合 (10,000円-2,000円)   × 40% = 
  • 年間10万円の寄附をした場合 (100,000円-2,000円) × 40% =
  • 3,200円
  • 39,200円

確定申告を行うと国から還付されます

所得控除方式

「その年に支出をした特定寄附金の合計額から2,000円を差し引いた額」が寄附者の年間所得から控除される制度です。

控除された所得額がその年の課税対象となりますので、税率が高い、いわゆる高額所得者であるほど、この方式を選択した場合の効果が高くなります。ただし、控除額は総所得額の40%が限度です。

※国税庁の「寄附金を支出したとき」などのサイトも参照ください。

個人住民税も各自治体の条例によって控除の対象になる場合がございます。
控除の対象になるかどうかは、お住まいの都道府県・市区町村にお問い合わせください。
 

損金算入額に上乗せできます

特定公益増進法人である公益財団法人信頼資本財団へのご寄附は、一般寄附金の損金算入限度額とは別枠の損金算入制度限度額が設けられています。

寄附金の損金算入限度額

  • 一般の寄附金の場合 (資本金の額×0.25%+所得金額×2.5%)× 1/4
  •                
  • 公益財団法人への
    寄附金の場合
    (資本金の額×0.375%+所得金額×6.25%)× 1/2

  • 一般の寄附金の場合 (資本金の額×0.25%+所得金額×2.5%)×1/4 損金算入限度額=10万円
  •               
  • 公益財団法人への
    寄附金の場合
    (資本金の額×0.375%+所得金額×6.25%)×1/2損金算入限度額=47.5万円

  • 資本金2,000万円、所得1,400万円が50万円の寄附をした場合、寄付金50万円損金算入限度額57.5万円
    (47.5万円+10万円)となり、寄附金50万円全てが損金に算入されます。

※国税庁の「寄附金を支出したとき」などのサイトも参照ください。

トップに戻る