シンライノコトバ皆さまにいま伝えたい、信頼資本財団からのメッセージ

2018.01.10

【シンライノコトバ 正月号】新年のご挨拶

2018年が明けました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末のシンライノコトバにも書きましたが、今年は「明治維新」から150年目です。

この維新を契機に欧米にならい、近代システムを導入し、富国強兵の大号令の下、工業化に邁進した国は、日清日露の戦争、二度の世界大戦を経て敗戦国となりました。

そして、その後70年以上、国土の各地に多くの米軍基地を有しながらも戦場で闘うことはない平和な社会の下、1億人の人口増加を実現し、世界第3位の経済大国になりました。
 
しかし、我々は、経済的に豊かになりましたが心豊かな暮らしを送るようになったでしょうか?

私たちはそうではないと思っているので、2009年1月当財団を設立しました。

日本にもまだまだたくさんの潜在能力が眠っていると思います。

我々は、もっと社会を笑顔にできるはずです。

自然と人間を経費にして、物資的に豊かになりましたが、人間性を失い、良心を失い、時間と金銭の損得勘定を中心にした近代システムから距離を置きましょう。

良心を武器にし、信頼できる仲間を増やしましょう。
 
10年目に入った今年、信頼資本財団は、信頼資本社会づくりの仲間集めに更に力を尽くします。

もっと多くの仲間に無利子・無担保・無保証融資を実施するため、また、更に多くの仲間に共感助成を実施するため、そして、信頼資本社会について学び合い、より多くの人と共に動けるようになるため、ご寄付やありがと本への参加、事業塾や信頼ネットワークへのご参加をよろしくお願いいたします。
2018年1月
信頼資本財団 理事長 熊野英介