評議員・役員・フェロー紹介

理事 関 恵

株式会社発酵食堂カモシカ 代表取締役社長

1977年京都府出身。
北海道大学経済学部卒。
スウェーデンヨーテボリー大学政経学部留学。
国際医療福祉大学医療福祉学修士課程卒。

外資系コンサルティング会社を経て、病院等医療機関のコンサルティングに従事。医療現場を見る中で、健康の原点は「予防」にあると実感。子どもや家族の健康のために、味噌、梅干し等を仕込み、取り入れ「発酵」の世界へのめりこむ。予防=本質的な食=発酵食をベースにした伝統的和食にあることを実感。医療現場と子育ての経験から「食」を真ん中においた事業を起業。
2014年「発酵食堂カモシカ」(発酵食レストラン)をオープン(京都嵯峨嵐山)。
2015年「発酵マルシェ」(発酵食品の製造・販売)をオープン(京都嵯峨嵐山)。
「命は命で元気になる。~発酵食を台所に取り戻す♪~」をコンセプトに、
京都から世界に発酵を通じてメッセージを発信している。

第3回京都女性起業家賞 最優秀賞受賞(2015年)
京都地域起業家賞優秀賞受賞(2015年)
第12回文化ベンチャーコンピティションin Kyoto 最優秀賞受賞(2019年)
第四回「これからの1000年を紡ぐ企業認定」(2019年)

発酵食堂カモシカ:https://kamoshika.kyoto.jp/

信頼資本財団について
私は、嵯峨嵐山で発酵に特化したお店を営んでおります。命は命で元気になる。発酵食を台所に取り戻す♪がメッセージです。
命に上下はない、命より大事なものはない、震災を経て思う気持ちをこめたメッセージでもあります。


「発酵」という世界に身を置く中で、人というのは所詮微生物の集合体という形の命だと痛感します。だからこそ、「食べる」ということを通じてしかつながれないのではないか、あるいは「食べる」ということを通じて最後まで貢献できる道があるのはないか、「食べる」ということを通じてたどりつける真実があるのではないかと感じています。
人が生き物である限り「食べる」ということが共通欲求である限りそこには大きな救いがある気がします。そのような思いをもちながら、現代の中でおきる様々な挑戦や可能性をともに考えていく力に私自身なっていければと思っております。そして何よりすべての根底は「信じる」ということにあると思っています。食べることが基本であると同時に、信じるということからすべてが始まるということもまた真実だと思っています。
コロナという大きな時代変化の中で、関係性ということの可能性にかけて、この新しい時代を超えていく道をみなさまと一緒に考え深め、実践していきたいと思います。