信頼資本財団について 社会事業を応援する

財団について

ABOUT
MEMBER

フェロー

シニアフェロー
橘川 幸夫
デジタルメディア研究所代表

デジタルメディア研究所代表 多摩大学経営情報学科·客員教授 iU 情報経営イノベーション専門職大学・超客員教授 

1972年、大学生の頃、音楽投稿雑誌「ロッキング·オン」創刊 1978年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊、編集長。 その後、さまざまな参加型メディアを開発する。 1983年、定性調査を定量的に処理する「気分調査法」を開発。商品開発、市場調査などのマーケティング調査活動を行う。

1980年代後半より草の根BBSを主催、ニフティサーブの「FMEDIA」のシスオペを勤める。 

1996年、株式会社デジタルメディア研究所を創業。 インターネット·メディア開発、企業コンサルテーションなどを行う。 

2020年 コロナパンデミックの情況の中で、YAMI大学·深呼吸学部を設立。参加型社会学会をし、事務局長就任。 

著書 『企画書』(80/宝島社)『メディアが何をしたか?』(84/ロッキングオン社)『ナゾのヘソ島』(88/アリス館)『一応族の反乱』(90 /日本経済新聞社)『生意気の構造』(94/日本経済新聞社)『シフトマーケティング』(95/ビジネス社)『21世紀企画書』(00/晶文社) 「インターネットは儲からない!」(01/日経BP社)『暇つぶしの時代』(03/平凡社)『やきそばパンの逆襲』(04/河出書房新社)『風のアジテーション』(04/角川書店)『自分探偵社』(04/オンブック)『ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。 』(08/バジリコ)『森を見る力』(14/晶文社)『参加型社会宣言』(20/メタブレーン)。

信頼資本財団について

「新しい出来事は、良きにしろ悪しきにせよ、同時多発で起こる。」
 
京都に行くと熊野さん夫婦に会う。よく話すし、よく話を聞いてくれる。インターネットは、世界に到達する自己表現の場を築いたが、かならずしもそれはコミュニケーションの場になっていない。自分の思いやネタを披露するだけ。現実のリアリズムの中にこそ、次の時代の大切な動力源である、コミュニケーションの可能性が眠っている。そういう場を、みなさんと一緒に作っていきたい。