評議員・役員・フェロー紹介信頼資本社会に向けて活動する評議員・役員・フェロー

シニアフェロー 谷崎 テトラ

構成作家/ワールドシフトネットワークジャパン 代表理事
1964年静岡生まれ。環境・平和・社会貢献・フェアトレードなどをテーマにしたTV、ラジオ番組、出版を企画・構成するかたわら、新しい価値観(パラダイムシフト)や、持続可能な社会の転換(ワールドシフト)の 発信者&キュレーターとして活動中。持続可能な社会、平和学、ソーシャルアート、参加型民主主義(GOV2.0)などに関して深い知見を持つ。
世界のエココミュニティを取材し、エコビレッジの共同体デザイン、地域通貨、自然エネルギー、共同体教育、パーマカルチャー(持続可能な農的文化)、伝統智、ものづくり、先住民から学ぶディープエコロジーの思想まではばひろく知見をまとめており、未来のデザインのための智恵を伝え、メディア化する仕事をしている。
1997年、温暖化防止京都会議(COP3)をきっかけに環境保護活動に参加。1997年温暖化防止レインボーパレード、1998年カーフリーデー、1999年アースデイ東京、BeGood Cafeなどの市民運動のスタートアップ、オーガナイズにかかわる。2010年一般社団法人ワールドシフトネットワークジャパンを設立。2012年リオデジャネイロで開催された国連 地球サミット(RIO+20)では、市民セクターによる地球サミット2012JAPANの副代表として全国でのワークショップや現地での社会提言、映像制作をおこなった。
放送作家としての主な企画・構成はテレビ朝日「素敵な宇宙船地球号」やInter FM「アースラジオ」TOKYO FM「デイリープラネット」「Good on Earth」など多数。取材執筆はエコ系雑誌「ソトコト」「オルタナ」「ソーラージャーナル」「greenz」など執筆多数。小説として「グラウンディングミュージック」(リトルモア)がある。
音楽制作としては世界の聖地をめぐり収録した自然音や、環境音を使ったコンピュータ音楽を制作。地球を感じる作品をつくりつづけている。
これまでの自身の知見をまとめたテトラゼミも東京・大阪・栃木・徳島などで連続開催中。大学講師として愛知県立芸術大学、京都造形芸術大、京都精華大などでも特別講義をおこなっているほか、社会課題をテーマにした映画を解説するソーシャルシネマダイアログなどを各地で開催している。

谷崎テトラWEB: http://www.kanatamusic.com/tetra/
信頼資本財団について
いま地球には70億人の人間が住んでいて、2050年には81億に達し、今世紀中には100億に達する可能性がある。人口、消費、労働生産性、食料生産性、エネルギー使用量、CO2排出量、CO2濃度などの指標から予測される未来は、「現在の文明は持続不可能」ということ。(ヨルゲンランダース「2052」より)。はたして資本主義は終焉するのか?経済成長は終わるのか?緩やかな民主主義は終わるのか?世代間の調和は終わるのか?安定した気候は終わるのか?それらの答えはYES。いま文明の根本を問いなおす必要がある。そのためには「信頼を資本とする社会への転換(ワールドシフト)」が必要と強く考えます。未来を創造する志をもつひとを応援する、信頼資本財団の仕組みづくりに強く共感します。