評議員・役員・フェロー紹介信頼資本社会に向けて活動する評議員・役員・フェロー

シニアフェロー 渡辺 由美子

特定非営利活動法人キッズドア 理事長
千葉大学出身。大手百貨店、出版社を経て、フリーランスのマーケティングプランナーとして活躍。 配偶者の転勤に伴い一年間イギリスに移住し、「社会全体で子どもを育てる」ことを体験する。 
2007年任意団体キッズドアを立ち上げ、2009年内閣府の認証を受けて特定非営利活動法人キッズドアを設立。日本の全ての子どもが夢と希望を持てる社会を目指し、活動を広げている。 
2018年5月、初めての著書『子どもの貧困~未来へつなぐためにできること~』(水曜社)を上梓。 

内閣府 子供の貧困対策に関する有識者会議 構成員
厚生労働省 生活困窮者自立支援及び生活保護部会 委員
専修大学 非常勤講師 
信頼資本財団について
「信頼を資本にする」というコンセプトを初めて目にしたときの驚きとワクワク感はいまでも忘れられません。財団設立から10年近くの月日がすぎ、社会も大きく変わりました。「お金」の世界では、ブロックチェーンという信頼をベースに動く仮想通貨という概念が出現しました。一見、対極にあるように見えるITと信頼が、実は補完関係となり、世の中に新しい活動や価値を生み出していく、そんな未来を考えると、さらにワクワクします。
設立時のコンセプトを大事に、これからも社会に新しい風を送る存在として信頼資本財団がますますの発展を遂げることを期待しております。