評議員・役員・フェロー紹介信頼資本社会に向けて活動する評議員・役員・フェロー

シニアフェロー 佐伯 剛

(株)かぜたび舎 代表取締役/風の旅人 編集長/一般財団法人オレンジクロス 理事
1962年生まれ。20歳で大学を中退し、2年間、諸国を放浪。
2001年4月、(株)ユーラシア旅行社の専務取締役として業界5番目の株式上場。
9.11テロをきっかけに2003年4月『風の旅人』を創刊。44冊を発行後、3.11大震災後に休刊するものの、2012年7月、かぜたび舎を設立して復刊。
書店への委託販売を辞め、オンラインのみで販売するシステムを構築。
編集、ホームページ等のネットワーク管理、宣伝、入金管理を一人で行ない、間接コストを下げて、コンテンツの質は雑誌の中で最高レベルを誇る。
編集方針は、近代合理主義のパラダイムの転換。
信頼資本財団について
この150年で人類の平均寿命は著しく延び、人口も急増しました。しかし、150年という短い期間に、生物的な進化が追いつく筈がありません。そのため、人間が生きていくうえで、150年以上前にはなかった困難が幾つも重なりあっています。
それらの問題に対して生物学的な進化が追いつかないのであれば、人類は、新たなツールやシステムの創造によって対応せざるを得ません。人類にとっての新しさとは、そのように私たちが新たに直面している問題を乗り越えるためのツールやシステムの創造に対して与えられる評価だと思います。そのチャレンジを行う新しい起業家を、発見し、応援することの必要性を強く感じています。