評議員・役員・フェロー紹介信頼資本社会に向けて活動する評議員・役員・フェロー

シニアフェロー 仲西 祐介

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 共同代表/照明家
1968年生まれ。京都在住。世界中を旅し、記憶に刻まれたイメージを光と影で表現している。映画、舞台、 コンサート、ファッションショー、インテリアなど様々なフィールドで照明演出を手がける。アート作品と して「eatable lights」「tamashii」などのライティング・オブジェを制作。また原美術館 (東京)、School Gallery (Paris)、「Nuits Blanche」(京都)でライティング・インスタレーションを発表する。2013年より写真家 ルシール・レイボーズと「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」を立ち上げ、主催する。
信頼資本財団について
希望が見えなくなった時代に信頼資本財団が目指す、新しい価値観の創造と善意の社会改革に共感します。
「今だけ、カネだけ、自分だけ」ではない志の高い人たちに有効な信頼資本が助成され、こころ豊かな未来の創造に繋がることを期待しています。
既存の常識から逸脱した信頼資本財団の崇高な挑戦を応援し、協力を誓います。