評議員・役員・フェロー紹介信頼資本社会に向けて活動する評議員・役員・フェロー

シニアフェロー 足立 直樹

サステナブルブランド・プロデューサー/株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役
東京大学・同大学院で生態学を専攻、博士(理学)。国立環境研究所とマレーシア森林研究所(FRIM)で熱帯林の研究に従事した後、独立。株式会社レスポンスアビリティ代表取締役、一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)理事・事務局長。38億年の生物の進化にヒントを得た持続可能な経営論、生物多様性の専門性を活かした持続可能なサプライチェーンの構築、アジア各地の地域開発の現場経験を踏まえたCSV(共通価値の創造)など、ユニークな視点と発想から、企業活動を真に持続可能にすることを支援。さらに、企業価値を高めるサステナブル・ブランディングにも力を入れており、今年6月からは日本を代表するサステナブル・ブランドと言うべき京都に本拠を移し、日本からの新たな価値の発信に力を入れようとしている。
信頼資本財団について
持続可能な社会づくりをテーマにずっと仕事をしてきました。もともとのバックグラウンドが生態学だったので、環境面を科学的にアプローチすることが多かったのですが、とは言ってもやはり人だな、人のつながりだなということを強く感じるようになりました。あたり前のことですが、理屈だけでは問題は解決しないということです。
だったらその人のつながりをどう作っていくのか? 特に、目には見えない「関係」というものをどうしたら実感できるようになるのか? そして安心してお互いに頼れるようになるのか? そんな私自身の疑問に、信頼資本財団の活動に参加することで迷いなく答えられるようになりたいと思います。それが、持続可能な社会を作る大切な仕組みだと信じています。