融資先情報共感融資の融資先企業・団体一覧

南丹地立計画協議会 船枝郷企画部

京都府/つなぎ融資
事業概要

 私たちが広めたいのは、この地域に住む皆が幸せに生き続けるための「地立計画」です。仕事・経済・食材・日用品...、今私たちの地域の生活は、さまざまな点で都市に依存しています。その依存状態から少しでも”地立”し自給自足を拡大し地域として”地給地足”をするため担い手や仕事、農作物などを増やすことを目指しています。現段階では地域資源を活用したイベントにより地域内外の関心を集め、地域振興の協力者や移住希望者を増やしたり、資源を活かした仕事を作ろうと計画中です。  

 ”地立計画”には 具体的にいくつかの構想があります。まず、この田園地域の中心的産業である農業。既に小規模なオーガニック農法を実践している農業者はいます。環境負荷が少ないという未来への持続性が魅力であり、これから実践者がさらに増えるように情報発信、交流の為のイベントを通じて担い手を増やしていければと考えています。そしてそこから波及して農作物を活用したパン屋を立ち上げること、農業の天敵である獣を美味しくいただけるよう解体所を作ること。そして訪問者を受け入れ、地域内外の交流の拠点となりうるゲストハウスを始めることです。バラバラに見えるこれらは全て地域資源の有効活用となり、さらにはこの地域で生きていく人のナリワイとなっていくのではないかと期待しています。

事業の理念、創業の志など

代表 山崎 茜 氏

 地域内で経済の循環ができればいいな、と思ったのが創業のきっかけです。自分達の住むこの自然豊かな地域は都市部への人口流出による担い手不足で 空き家や耕作放棄地が増えています。ここで暮らしている人は都市部に働きに出ている方が多いですが、米や野菜は家で育てていたりと生活の一部では自給をしている側面があります。ですが、消費活動のほとんどが外部にでています。その地域外で使われているお金を地域内に回せればもっと地域が楽しくなるのでは?と気づきました。例えば、当たり前にパンを買って食べるという習慣があります。村のパン屋さんができて、みんながそこでパンを買ってくれたらパン屋という仕事ができます。パン屋さんが材料を地元で調達すれば農業が活性化します。そもそもパン屋さんがあってそこに人が集まれば活気が出ます。そんな風に地域内でお金や仕事等のいろんな資源が循環すればより豊かで強く、自立した地域になるのではないか、という考えから当事業はスタートしました。 また、未来への展望だけでなく現状への危機感もきっかけの一つです。この豊かな風景の残る地域もこのまま何も手を打たず人の手が入らなくなってしまえば荒れ果て、継続的に人が生活できる場ではなくなるのではないかという思いがあり、では自分たちに何ができるのか、を考えたときに同じ思いを持つ仲間と協力して”何か” して行こうとしたのがスタートです。短期で成果を上げることにこだわらず、地域住民にも受け入れてもらえるような活動を目指しています。

組織情報
法人名  南丹地立計画協議会 船枝郷企画部
住所  京都府南丹市八木町船枝才ノ上48新庄郷育館内
webサイト http://www.nposhinrin.net/yagijiritsu_project/
その他情報

信頼責任者のご紹介・応援コメント

玉木 青 さま

 

山崎さんたちの新庄地域での取組については、地域おこし協力隊としても関わっています。目前のものごとと正対する融資対象者たちの姿勢は、自然資本と人間関係資本の増幅に貢献できる次世代の事業をつくっていけると思います。

塩川 実 さま

 

船枝郷企画部は、メンバーそれぞれが、個々の持続可能な生き方についてはもちろんのこと、地域社会という単位での持続性についてもよく考えている団体だと思います。

小さな地域単位でことたりる社会を目指しているというのは、これからの時代は強みになるのでは、と思う。災害も増えてきている中、孤立しても地域として自立できていると自信と安心に繋がる。

船枝郷企画部の目指す形は、信頼や良心が欠かせないもの。地域の核となって信頼社会を築けるよう頑張ってほしい。

団体代表のあかねさんは、自然農業・有機農業をしている仲間であるから。

坂ノ途中の小野さんには世話になっているから。

宇田 慧吾  さま

船枝郷企画部は、それぞれが多彩な特技を持ち、自然と寄り添う生き方を実践する人たちの集まりだと思います。飼い始めた地域ヤギが地域のコミュニケーションの要となっているようですし、農や文化体験活動を実施したりとさまざまな取り組みを通して、自然資本と人間関係資本の動員に十分貢献していると思います。

 

南丹地立計画協議会 船枝郷企画部

募集要項や提出書類、姿勢から申込みまでの流れなどを詳しく知る

融資のお申し込み