融資先情報

認定NPO法人D×P

大阪府/第23期
事業概要

通信・定時制高校に通う高校生を中心とした、生きづらさを抱えた10代に、オンラインと学校の中で「つながる場」と「いきるシゴト」を届けます。

1)学校と連携した「授業」:社会人ボランティアと高校生の対話を軸としたプログラムで、ひとりひとりの高校生と関係性を築いていきます。

2)居場所事業:食事を無料で提供したり、生徒の様々な困りごとや日々の生活や、進路の話などを気軽に話せる場です。

3)仕事体験ツアー:生徒が卒業後に働く具体的なイメージが持てるように職場見学や仕事体験を実施。

4)進路相談:学校の中とLINEを使って進路相談を実施しています。

5)シェアハウス事業:若者に住居を安価に提供して孤立を防ぎます。



 

事業の理念、創業の志など

代表 今井 紀明 氏

「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して、「若者がつながりを得られる状態をつくる」ことをミッションとしています。日本では約4割の若者が「自分の将来に対して希望がない」(内閣府調査)と答えています。そして通信制・定時制高校にはさまざまな事情を抱えた高校生がいますが、プログラミングが得意だったり、イラストが好きだったりと本人や周囲が気づくことができない可能性や機会があります。彼らが課題を抱えていても、周囲の手をかりて一歩を踏み出し安心して生きていくことができる社会をつくることを目指します。

組織情報
法人名 認定NPO法人D×P
住所 大阪府大阪市中央区天満橋京町1-27 ファラン天満橋33号室
webサイト https://www.dreampossibility.com
その他情報

信頼責任者のご紹介・応援コメント

堀川 歩 さま

主に以下 3 つの理由から、⾃然資本と⼈間関係資本の増幅に貢献する持続可能な事業であると考えます。

①団体の事業モデルと実績

サポーターグループの参加者が 840 名おり、多くの⽅々が賛同している。寄付においても個⼈寄付以外にも法⼈からも寄付をもらえる仕組みや営業を積極的に⾏っている。寄付以外でも事業として成り⽴つモデルを構築して、実際に多くの⼈や企業を巻き込んでいることからも持続可能な事業と考えます。

②⼈と組織体制

D×Pのスタッフの⽅には何度かいろんな⽅にお会いしていますが、皆が⾃⽴、⾃発的であると客観的に⾒て思います。それぞれが⾃⾝の役割を全うし、皆で組織全体をよくしていこう。⾃分毎として考えていこう。というような⾵⼟があり、今回のコロナ禍の影響においてもいち早くリモート勤務や今後を⾒据えた働き⽅に変えている点からも、組織の意思決定⼒の速さ。⼈の信⽤度が⾼いことからも、きちんと持続可能な事業を遂⾏してもらえると思います。

③代表の影響⼒と社会的信憑性

代表の今井さん⾃⾝の認知度が⾼く、偏りなく様々な分野で活躍している⼈とコラボをしたり何事も単発で終わらせずに継続しさらに⼈を巻き込む⼒がずば抜けていると思います。そんな今井さんが⼈⽣をかけて取り組む事業だからこそ、私は持続可能な事業になると考えます。

 

 清水 大樹 さま

 

 約 30 万⼈が通う通信制⾼校の卒業⽣の約4割、定時制⾼校の卒業⽣の約3割が進学も就職もしないまま卒業をしているのが実情であり、その中のほとんどが、⼈との繋がりをもたぬままに卒業してしまいます。⾃分の未来に希望があると思えないと思いながら⾼校を卒業する不安は計り知れません。
 その現状に対して、⼈とのつながりをつくる取り組みをしているのが認定 NPO法⼈D×Pです。⼈との繋がりをつくるのみならず、仕事をつくることや、暮らしをつくるところにまで挑戦しています。
 貧困、家庭環境、発達障害、学習障害、LGBT、様々な⽣きづらい困難な状況におかれた若者にとって、⼤⼈が寄り添い⾃分の声を聴いてくれる。そして⾃分の未来に希望をもてるということは、⼈間関係資本の増幅そのものです。どんな境遇にあったとしても孤⽴することなく、周囲の⼈の⼿を借り、⾃分の未来を信じて⽣きていく。そんな⼈が増えた社会は繋がりの連鎖が起こり、関係性の増幅となります。私は認定 NPO法⼈D×Pを推薦し、応援し続けます。

駒井 嘉壽江  さま


ニートになる⼦が多い今、きちんと働いて⾃⽴し、税⾦を⽀払うことができ国を⽀える⼦が増える活動をD×Pさんは⾏っていると認識している。
孤独な若者をひとりでも減らしていくことは、世界平和の⼀歩であり、それを⽀えようとするD×Pさんに可能性を強く感じている。
そうやって信頼関係を⼀番⼤切にして若者と関わる活動は、地道ではあるが何よりも⼤切なことだと思う。1⼈1⼈が⾃分が幸せであると思えることの豊かさが周りにも波及し、その影響が⽇本のミライを明るいものとするのではと思う。

募集要項や提出書類、申請からお申込みまでの流れなどを詳しく知る

融資のお申し込み