融資事業

特定非営利活動法人 全国有機農業推進協議会

事業概要

全国有機農業推進協議会は、農業者・消費者・流通・認証団体・学識者・市民団体などが幅広く連携協力しているネットワーク組織です。

いくつかの事業の中で、消費者・実需者に対する普及啓発事業に取り組みます。

23年度国の有機農業総合支援のうちの有機農業普及啓発事業を委託されました。

この事業は、有機農業が農業の自然循環機能を増進し、農業生産活動に由来する環境への負荷を大幅に低減するものであり、生物多様性の保全に役立つこと。

また、消費者の食料に対する需要が高度化し、かつ、多様化する中で、安全かつ良質な農産物に対する消費者の需要に対応した農産物であることを普及啓発します。

事業の理念、創業の志など

日本における有機農業は、大量の農薬に依存せざるをえない日本農業のあり方を根本的に考え直すべきとする考えから、1971年日本有機農業研究会が発足され、農業近代化の矛盾に対する科学的認識と社会への問題提起を開始された。

現在では、「安全・安心」「健康に良い」のイメージで有機農産物は選択されているが「農業の自然循環機能の増進・環境負荷低減・生物多様性の保全に資する」有機農業についての消費者や実需者の理解は未だ不十分である。

平成23年度も国の有機農業普及啓発事業に応募し国民の50%理解を目指し普及啓発に取り組む。

組織情報

NPO法人 全国有機農業推進協議会

普及啓発事業「ゆうきひろがるキャンペーン」事務局

〒135-0053

東京都江東区辰巳1-1-34
生活協同組合パルシステム東京辰巳ビル3F

Email:info(*)zenyukyo.or.jp (*)を@に変換ください
電話:03-6457-0666
FAX:0475-89-3055 (予備:03-6457-0655)

http://www.zenyukyo.or.jp

ページトップに戻る