助成事業

特定非営利活動法人チームレスキュー

logo

緊急災害支援活動を行う
学生主体のボランティア団体

法人・団体名 特定非営利活動法人チームレスキュー
住所 愛知県瀬戸市市場町13番地
URL http://teamrescue.jimdo.com/

新着情報

チームレスキューは現在も熊本・鳥取で支援活動を行っています。募金以外にも物資の支援も可能です。

Amazonほしい物リストが公開されていますので、こちらを御覧ください。



img_0140
10/28(金)活動状況について

現在、鳥取地震緊急支援のため名古屋・京都より支援チームが出発し、

現地視察・支援活動をおこなっています。

※現地入り直後のため、詳しい状況は団体Webサイトを中心に更新される予定です。

事業概要

tr_1<東日本大震災における宮城県復興支援活動プロジェクト>
 チームレスキューは、東日本大震災直後から宮城県七ヶ浜町を拠点に、復興支援活動を行っている。七ヶ浜町では現在、災害復旧・復興活動・災害ボランティアリーダーの全てを任されており、ボランティアリーダーの育成も行っている。リーダーは、一般・企業ボランティアの方達への作業内容の説明や安全確認、活動後の報告等を行う。
 石巻市では、河北総合支所や大川小学校校長先生、遺族会会長からの依頼で、大川小学校周辺の環境整備・警備活動、大川小学校より1キロ先の長面地区(東京ドーム99個分の面積)での行方不明者捜索活動を警察と連携して行っている。

※チームレスキューは東日本大震災を始め、台風12号による三重県紀宝町水害・茨城県及び栃木県竜巻災害、九州北部豪雨、大雨による京都府宇治市炭山地区水害等、大きな自然災害が起きた全国の被災地全てに早急に駆けつけ、災害復旧・復興支援活動を行っています。

助成金の使途

tr_2七ヶ浜町及び石巻市での瓦礫の撤去などの復興支援活動のほか、下記プロジェクトの活動のために使わせて頂きます。

 


<七ヶ浜町前塚浜漁業支援プロジェクト>
 漁業支援として、七ヶ浜町前塚浜にて浜に埋まっている漁師網の撤去作業プロジェクトを行っている。これは、今年の台風が襲来する前に全ての漁師網を引き揚げ、引き揚げた全ての網を浜から撤去し、台風によって再び海へ流されないようにする事が、漁業への被害を食い止めるための成果へと繋がる為、現時点での最重要プロジェクトである。地元の漁業関係者によると、台風が去った後にも漁師網が新たに出る可能性があるため、台風後も漁師網撤去プロジェクトを継続していく。

 

  • 実施期間:2013年4月1日〜2014年3月31日
  • 場所:宮城県七ヶ浜町前塚浜
  • 対象:東日本大震災において、被害を受けられた地域住民

 

<石巻市被災されたご家族の“心のケア”プロジェクト>
 石巻市大川小学校内外の環境整備・警備活動、長面地区にて地元警察と連携して瓦礫の撤去活動を行っている。具体的に、大川小学校では、常に校内の環境整備(鳥の糞などの清掃)や警備活動(観光客等の不法侵入に対する注意など)を行い、遺族の方々に少しでも安心を届けることが、お子さんを亡くされた親御さんへの心のケアへと繋がる。
 瓦礫の撤去では、重機が掘り起こした土をスコップやレーキを駆使しながら手作業で丁寧に瓦礫を選別していく。残り3割の面積の捜索には、約1年の歳月がかかると予想される。また、大川小学校遺族会会長さんから新しく、手つかずになっている長面地区奥にある沼地周辺の瓦礫撤去を依頼されたため、長面地区内で2か所の捜索を同時に行っていく。

 

  • 実施期間:2013年4月1日〜2014年3月31日
  • 場所:宮城県石巻市大川小学校・長面地区
  • 対象:東日本大震災において、被害を受けられた地域住民

 

<宮城県七ヶ浜町地内における子ども達へのスポーツ振興支援活動プロジェクト>
 子供支援として、七ヶ浜町の子ども達を対象に、陸上教室とスーパードッジボールを行う予定である。
 陸上教室では、「走」「跳」「投」を経験してもらう為、「50m走」「ソフトボール投げまたはジャベリックスロー」「走り幅跳び」の3種目を行う予定である。
 ドッジボールでは、競技に必要なスタミナや瞬発力、投力等を身につけさせるための練習や知識を教え、最終的には公式トーナメントに参加する計画である。

 

  • 実施期間:2013年4月1日〜2014年3月31日
  • 場所:七ヶ浜町内の体育館、サッカースタジアム
  • 対象:七ヶ浜町内の小・中・高校生を対象とする

活動報告

◆寄付者への事業報告
  • 事業報告書の送付(年1回)
  • HPやパンフレットへお名前を記載(希望者のみ)
◆社会への事業報告
  • HPやブログでの活動報告
  • HPにて寄付活動を随時報告

年次報告

【実施内容】

◆宮城県へのボランティア活動

・宮城県での主な活動は、石巻市大川小学校の環境整備や警備活動、石巻市在住の方からのご依頼による、私有地内のがれきの撤去を行った。

・上記2つに関して、立命館大学と連携し、立命館大学の学生を新たに迎え、活動を行った。

・ボランティアリーダーの育成に関しては、現リーダーである学生が毎回参加し、現場にて指導を行った。

◆広島県でのボランティア活動

・広島県で起きた豪雨災害地での、活動を行った。

・主に、一般ボランティアさんのリーダーとして、現場の指揮をとる活動を行った。

 

【事業成果】

・各陣の実施者は、主に現場責任者が行い、現リーダーや新しく参加する人員と共に活動を行った。

・広島で起きた豪雨災害では、一般ボランティアさん約50名~100名のリーダーとして活動を行った。

・現場を2班に分けた際、1班、2班の工区リーダーを決め、それをまとめる統括リーダーの元、活動を行い、迅速に作業を進めることができた。

・東北での活動はもちろん、広島県豪雨災害などの被災地にて、実際に現場で活動を行いながら、新しいボランティア人員のリーダー育成を行った。

・また、各大学と連携を取り、新たな人員の確保も行った。

・災害現場リーダーを新たに育成することにより、災害現場での、ボランティアの受け入れに迅速に対応することができた。

ページトップに戻る