参画の方法

参画の方法


SHINRAI_Leaflet_New.compressed


 

 

HP_event_hed_02

 

ビジネスの原点は「人の心を掴む」こと。KINDの要素は人しか作れない。

A-KIND塾( あかいんど塾)は、心の思いを形にする技術を学ぶ塾であり、そのために

「KIND=親切な、優しい、思いやりのある、親切で、心からの」という

目には見えない、耳には聞こえない価値を形にし、

売りて良し、買い手良し、世間良しそして未来良しという「四方良し」  の持続可能な社会貢献をすることで、

企業の生存確率をあげ、利益を上げるための原資の信頼関係を増幅することを学びます。

ビジネスの原点は「人の心を掴む」こと。KINDの要素は人しか作れない。

A-KIND塾はその拡大再生産を学び合う場です。 <年1回募集>

 

 

4190ad17c95d8f184a9f70db4dfee94a-950x350

市民は、管理対象でもなく、マーケティング対象でもない。市民は、資産である。

様々な社会課題およびそのリスクを抱える日本。

いずれの地域でも、個別対応を超えて、「私は『未来』である!」という当事者意識を持ち、

「市民のための市民による市民の未来構築」ができる【志民】という資産を増やすことが求められています。

「未来設計実践塾」は、【志民】が理想社会の実現に向けて実行しやすい社会的環境の基盤を作る

新時代へのマインドシフトと、未来設計の実践のため構想・構築・実践という事業開発スキルを学ぶ、

行政職員の方々を対象とした塾です。

勇気ある社会貢献者としての矜持を獲得し、意見の調整者でなく、生命の尊厳を守り、

持続可能な社会の構築に取り組むことができる「真の公共の奉仕者」を目指します。 <年1回募集>

 

 

 

HP_event_hed_01

 

今こそ、本当の価値についての話をしよう。

若年層の人口が急速に減少し、経済活動が縮小していく「収縮する時代」に入った日本。

これからを生きる私たちにとって、幸せな未来を手に入れる鍵となるのは、貨幣や物質ではなく、

自然との関係や人間同士の関係に重きをおいた新しい価値観なのではないでしょうか。

そもそも談義は、この新しい価値観に沿ったこれからの社会の在り方、暮らし方を模索するために、

まずは今の時代を解明しようという企画です。

「近代は、人間が、幸せや自由を追求した結果、不幸せになった時代」という現状認識に立った上で、

その原因は何か、そもそも人間や社会、幸せとは何か、という本質を探求していきます。 <不定期開催>

 

 

 

年に1度、社会的事業実践者が京都に集結! 11月は信頼デイ!

「信頼デイ」は、議論・プレゼンテーション・学びの場ではなく、

目指す社会への行動指針を毎年出してはブラッシュアップしていく場と位置付けました。

そのため、財団メンバーや既に財団と共に活動して頂いている組織・個人の方と話し合いを深める《招待形式》のプログラムを開催します。

活動を閉ざすものではありませんので、「これまではまだアクションを起こしていないが、

信頼資本財団の理念に共感する、何らかの活動に参加したい!」という方々のご参加もお待ちします。

ぜひこの日に繋がり、共に未来をつくりましょう! <年1回開催>

▷ 2017年は11/11(土) 京都にて開催します!(詳細は今後発表して参ります)

 

 



 ▶︎【信頼資本財団メールマガジン】のご購読はこちらから 

最新のイベントや活動情報をメールマガジンにてお届けします。

 

▶︎【インターン生・ボランティアスタッフ】のご連絡はこちらから

社会的事業に関心のあるインターン生・ボランティアスタッフを募集しています。

業務を通して社会的事業について知ったり関係者と関わることが可能です。

財団のネットワークを活かして、企画にチャレンジしたり、見識を深めませんか?

まずはお気軽に、ご連絡ください。

※活動内容は、ご希望を伺った上、スタッフとの相談により決定します。

※頻度は週1回以上、期間・活動時間など相談可能です。

 

 

 

信頼資本財団の事業にご参加いただく機会として寄付のお願いをしております。

頂いたご寄付は、社会的事業に対する支援や財団の運営費、東日本大震災復興支援、ソーシャルビジネスファンドとして大切に使わせて頂きます。

ご寄付をお考えの方は、「ご寄付に関するQ&A」をお読みの上、下記リンク先よりお申し込み下さい。

財団への寄付のお申し込みはこちらから

当財団への寄付は寄付金控除の  税制優遇の対象となります。

公益財団法人である信頼資本財団は、特定公益増進法人に該当するため、寄付者の税は確定申告をすることによって寄付金控除の優遇措置を受けることができます。
*控除とは、税額計算の対象とならない部分のことです。

詳しくは「寄付に関するQ&A」をご覧ください

寄付者の想いをカタチにする   寄付プログラムをご提案をします。

寄付者が特定の事業に対して応援したり、独自の冠基金などのプログラムを作るお手伝いもいたしております。
お気軽にお問い合わせください。

冠基金等に関するお問い合わせはこちら

 

arigatobon-banner

ページトップに戻る