融資事業

一般社団法人 復興応援団

事業概要

①地域の担い手コンサルティング事業:

南三陸町の起業家へのコンサルティング。事業そのものの成長に貢献。

②地域のファンづくり事業:

南三陸町を中心とする復興の担い手の元にツーリズム形式でボランティア派遣。担い手にファンをつける。来年度別法人で旅行会社を設立予定。密接に連携して基幹事業化を図る。

③物販事業:

自社ECサイト「物語屋」と物産展での物販。売上アップとファン拡大の一助。

④防災減災事業:

避難所の運営に関わっていた人々にヒアリングし制作したケーススタディ集に基づいた、首都圏のデベロッパー等を対象とした防災減災研修やコンサルティング事業。

事業の理念、創業の志など

被災地では人口減少が顕著。特に若い世代の流出が多い。

南三陸町の人口統計では、2014年3月末時点723世帯14,505人と、震災前と比して183世帯1,144人減少。地元の事業者は、体感で10,000人を切っていると言う。東北では元々過疎化と高齢化が進んでいたが震災がこれを加速させた。

一方で、交流人口(※)22名で、定住人口1名に相当するというデータがある。観光客を呼び込み地域のファンを作って、減少した定住人口を交流人口により補えると考えている。

復興応援団は2011年5月以来1,500人のボランティアを派遣しているため理論上は68.2人の定住人口に相当する交流人口を創出できている。(※)観光客1名が一泊二日滞在した場合、交流人口1名とカウントする。

組織情報

一般社団法人復興応援団

〒988-0423

宮城県本吉郡南三陸町歌津字枡沢83-6-205

0226-25-9897

http://www.fukkou-ouendan.com/

ページトップに戻る