イベント

【定員に達しました】信頼資本財団 社会的事業相談会

soudan

 

社会的事業相談会を開催致します。

公益財団法人信頼資本財団は、 人と人、人と自然の豊かな関係性が広がる社会を目指して 現代の社会的課題の解決に取り組む社会的事業を応援しています。

その一貫として、社会的事業についての相談会を開催致します。

 ●社会的事業のスタートや継続にお悩みの方

 ●当財団「共感融資制度」へのお申込みを検討されている方、または融資先の方

 ●当財団「共感助成制度」へのお申込みを検討されている方、または助成先の方

  • 以上の方は、お気軽にお申込下さい。

        

【今回の相談会について】

■形式

13:00-18:00の間、1組50分・先着5組の予約制です。

 ※ご希望者多数の場合は、増枠のため、お一組に対する時間を短縮させて頂く可能性がございます。

 ※遠方の方(片道2時間以上)は、skypeでのご出席も可能です。ご相談ください。

 ※お時間のご指定は受け付けかねます。ご了承ください。

 

■お持ち物

必ず、企画書(具体的なご事業規模・計画・予算含む)をご持参ください。

 

      

【共感融資または共感助成へのお申込を検討中の方へ】

 ※ご希望の方には、相談会の前後またはお電話にてご説明致します。こちらよりお問い合わせください。

 

■「共感融資」制度概要についてはこちら

 ※ お申込・次期の募集スケジュールはこちらをご参照下さい。

 ※弊財団の融資は下記の3種類ございます。

  ①通常融資(財団共感融資1;今回の募集)

  ②補助金・助成金等取得者向けのつなぎ融資(財団共感融資2;常時募集)

  ③ソーシャルビジネス共感融資(京都信用金庫様との協働融資;常時募集)

■「共感助成」制度概要についてはこちら

 

 

 
続きを読む

ページトップに戻る

【中国・九州支部設立記念】共感融資制度・説明会

共感融資説明会

 

中国・九州支部設立にあたり、 北九州市で共感融資制度の説明会を開催致します。

 

今年1月より活動を開始した中国・九州支部にて、共感融資制度の説明会を開催致します。

中国・九州支部では、九州地方7県(沖縄県を除く)および広島県・山口県を本拠地とする事業を対象に、支部独自の融資審査員により、より地域に即した社会的事業のサポートに取り組んで参ります。

社会課題を解決しようと奮起した個人、企業や団体は、通常の経済活動から離れた事業内容で起業することになるため、経済的基盤が弱く、また前例が無い、少ない事業であることなどから、多くは金融機関の融資が受けられないのが実情です。弊財団は、そのような個人、企業や団体を応援すべく、「無利子」「無保証」「無担保」という他に例を見ない条件で融資を行っています

公益財団法人ならではのこの共感融資は、2010年に開始して以来、これまで40件の事業に対し融資を実施して参りました(2016年度末時点)。

※共感融資制度の詳細はこちらをご確認ください。

※これまでの融資団体についてはこちらをご参照ください。

 

説明会当日は、弊財団 熊野英介 理事長 が、融資制度のご説明をさせていただきます。

少しでもご興味のある方は、ぜひお気軽にお越しください。

続きを読む

ページトップに戻る

【第3期生募集締め切り】A-KIND塾(あかいんど塾)

スクリーンショット 2016-01-25 9.09.15

【募集締め切りました】

■【A-KIND塾(あかいんど塾)】とは?

 A-KIND塾( あかいんど塾)は、心の思いを形にする技術を学ぶ塾であり、そのために「KIND=親切な、優しい、思いやりのある、親切で、心からの」という目には見えない、耳には聞こえない価値を形にし、売りて良し、買い手良し、世間良しそして未来良しという「四方良し」  の持続可能な社会貢献をすることで、企業の生存確率をあげ、利益を上げるための原資の信頼関係を増幅することを学びます。

ビジネスの原点は「人の心を掴む」こと。KINDの要素は人しか作れない。

A-KIND塾はその拡大再生産を学び合う場です。

 

■A-KIND塾講師紹介

熊野英介(くまのえいすけ):塾長

img_02当財団代表理事。アミタホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長。一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク副代表理事。東北大学非常勤講師。
著書:『思考するカンパニー』(幻冬舎)、『自然産業の世紀』[アミタ持続可能経済研究所共著](創森社)。

 

 

 

 

■塾長挨拶

    社会的企業家は社会課題を解決する社会ニーズを市場化する事業を行う人であり、税金を頼りに業務を請け負ったり、問題意識を煽るだけの運動活動に専念するのでなく、事業についての学び社会課題の解決を具現化しなければならない。その学びが無いままに起業をして理想を追求しようと試み、事業の実現の前に疲弊し、事業を投げ出してしまう者が多い。
 「あかいんどじゅく」は、このような多くの事業家を目の当たりにしてきた信頼資本財団が、事業を行う確かな方法を学び、『A- KIND =思いやりのある』事業家となって事業を継続して欲しいと考えるに至り、開塾するものである。
 時代は、激しく変化し動いている。アジア諸国は、市場の膨張を続け、日本は収縮が続いている。もう大量に製造して、大量に消費をする時代でない。高度成長経済から脱皮し、消費行動から購買行動にシフトして、本当に欲しい価値だけを手に入れる高度成熟社会にならなければならない。製造経済から消費経済、そして生活経済へ移行しなければならない。
 しかし、近代社会の成功体験を軸にした経験者達は、仕組みや分析に追われている。現在を分析しても未来はなく、未来の仮説も揺れ動く。つまり、サイエンスとエンジニアリング思考では、価値創出は難しく、潜在的な市場を予測しながら現在ある最適解を形にする類推する力が必要になる。
類推する力とは、「人の心を知る力」と持って過言ではない。
 商人(あきんど)とは、商の国の人のことであり、太古の中国で周に滅ぼされた殷(商)の人々が追いやられた土地は、不毛の土地で有り、何も無かった。そこで、余ったものがあると聞けば、無いのという人のところに持って行き、喜んでもらった。そんな、ビジネスをする人々を商の人=商人と呼び、日本語では「あきない」とする人で「あきんど」と呼ぶ様になった。
 今こそ、人の心を掴む「あきんど」が増える事が重要で、仕組みや情報の分析の専門家では、現状の課題解決は出来ないと思う。
続きを読む

ページトップに戻る

【1期生募集締切】未来設計実践塾(行政職員対象・政策形成講座)

未来設計実践塾
  • ■【未来設計実践塾】とは?

市民は、管理対象でもなく、マーケティング対象でもない。市民は、資産である。

様々な社会課題およびそのリスクを抱える日本。いずれの地域でも、個別対応を超えて、「私は『未来』である!」という当事者意識を持ち、「市民のための市民による市民の未来構築」ができる【志民】という資産を増やすことが求められている。

そこで、【志民】が理想社会の実現に向けて実行しやすい社会的環境の基盤を作る新時代へのマインドシフトと、未来設計の実践のため構想・構築・実践という事業開発スキルを学ぶ、行政職員を対象とした塾を開塾する。

2016年6月-12月を前期、2017年2月-8月を後期として、前期は主に既存概念から未来志向へのシフト、後期は主に未来設計者としての実践をメインとする。全体を通して、想いを同じくする仲間と未来設計の共同制作、外部から時代の先端経験者を招いての意見交換、具体的現場の視察等を行う。

そして2018年には、来たる2020年に実現する未来に向けて、具体的な施策の実行に取り組んでいく。

2年間の受講を通して、勇気ある社会貢献者としての矜持を獲得し、意見の調整者でなく、生命の尊厳を守り、持続可能な社会の構築に取り組むことができる「真の公共の奉仕者」を目指す。

 

  • ■塾長(講師)紹介

 

熊野英介(くまのえいすけ)

img_02当財団代表理事。アミタホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長。一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク副代表理事。東北大学非常勤講師。
著書:『思考するカンパニー』(幻冬舎)、『自然産業の世紀』[アミタ持続可能経済研究所共著](創森社)。

 

 

  • ■塾長挨拶
経済も政治も数値化できることに価値が置かれ、「大きくなること・強くなること」が正義とされ、持続可能な社会のために必要不可欠な自然が劣化し、人間性が悪化しています。
今こそ、新しい社会デザインが必要な時です。
我々は微力だけれども、無力ではありません。あなたは、未来です!
新時代構築の当事者になって、歴史に参加しましょう。
続きを読む

ページトップに戻る

【第2期生募集締め切り】A-KIND塾(あかいんど塾)

スクリーンショット 2016-01-25 9.09.15

【第2期受講生の申し込みは締め切りました】

■【A-KIND塾(あかいんど塾)】とは?

 A-KIND塾( あかいんど塾)は、心の思いを形にする技術を学ぶ塾であり、そのために「KIND=親切な、優しい、思いやりのある、親切で、心からの」という目には見えない、耳には聞こえない価値を形にし、売りて良し、買い手良し、世間良しそして未来良しという「四方良し」  の持続可能な社会貢献をすることで、企業の生存確率をあげ、利益を上げるための原資の信頼関係を増幅することを学びます。

ビジネスの原点は「人の心を掴む」こと。KINDの要素は人しか作れない。

A-KIND塾はその拡大再生産を学び合う場です。

 

■A-KIND塾講師紹介

熊野英介(くまのえいすけ):塾長

img_02当財団代表理事。アミタホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長。一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク副代表理事。東北大学非常勤講師。
著書:『思考するカンパニー』(幻冬舎)、『自然産業の世紀』[アミタ持続可能経済研究所共著](創森社)。

 

 

 

 

■塾長挨拶

    社会的企業家は社会課題を解決する社会ニーズを市場化する事業を行う人であり、税金を頼りに業務を請け負ったり、問題意識を煽るだけの運動活動に専念するのでなく、事業についての学び社会課題の解決を具現化しなければならない。その学びが無いままに起業をして理想を追求しようと試み、事業の実現の前に疲弊し、事業を投げ出してしまう者が多い。
 「あかいんどじゅく」は、このような多くの事業家を目の当たりにしてきた信頼資本財団が、事業を行う確かな方法を学び、『A- KIND =思いやりのある』事業家となって事業を継続して欲しいと考えるに至り、開塾するものである。
 時代は、激しく変化し動いている。アジア諸国は、市場の膨張を続け、日本は収縮が続いている。もう大量に製造して、大量に消費をする時代でない。高度成長経済から脱皮し、消費行動から購買行動にシフトして、本当に欲しい価値だけを手に入れる高度成熟社会にならなければならない。製造経済から消費経済、そして生活経済へ移行しなければならない。
 しかし、近代社会の成功体験を軸にした経験者達は、仕組みや分析に追われている。現在を分析しても未来はなく、未来の仮説も揺れ動く。つまり、サイエンスとエンジニアリング思考では、価値創出は難しく、潜在的な市場を予測しながら現在ある最適解を形にする類推する力が必要になる。
類推する力とは、「人の心を知る力」と持って過言ではない。
 商人(あきんど)とは、商の国の人のことであり、太古の中国で周に滅ぼされた殷(商)の人々が追いやられた土地は、不毛の土地で有り、何も無かった。そこで、余ったものがあると聞けば、無いのという人のところに持って行き、喜んでもらった。そんな、ビジネスをする人々を商の人=商人と呼び、日本語では「あきない」とする人で「あきんど」と呼ぶ様になった。
 今こそ、人の心を掴む「あきんど」が増える事が重要で、仕組みや情報の分析の専門家では、現状の課題解決は出来ないと思う。
続きを読む

ページトップに戻る