スタッフブログ

【時折発信:京都の文化・観光情報】

京都市の北西に位置する南丹市の「美山町」。ここに、美しい茅葺の集落があります。

築150~200年の民家が並ぶ一帯は、20年余り前、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

 

この「かやぶきの里」で、先週土曜日から今週の土曜日2月7日まで「雪灯籠」が開催中です。
雪や竹で作った800基の灯籠が点在する幻想的な雪の道をそぞろ歩き、屋台で名物料理、ぼたん汁やきび餅ぜんざいを頂くことができるそうです。
今年は難しいかもしれませんが、毎年開催されますのでいつか!
茅葺民家のライトアップだけは2月いっぱい実施されるそうです。

美山は、茅葺民宿をはじめ、茅葺民家1棟貸しのFUTON&Breakfastや1組限定宿泊の旅館、オーベルジュ等々多様な宿泊施設があり、食も充実していると言われています。
http://www.miyamanavi.net/eat/

 

京都観光は、京都市の神社仏閣、歴史的近代建造物にまず目が向きますが、このかやぶきの里のように違う顔があります。

北に向かっていくと、財団が交流を深めている京都市郊外京北のような森と源流の郷、そしてその北に美山がある南丹市、またその北、先日ご紹介した『半農半X』の著者塩見直紀さんがフィールドにされる綾部市、そして日本海に面し織物丹後ちりめんや蟹をはじめとする海産物で有名な京丹後市等の市町。
京都市の南もまた、お茶で有名な宇治、京都府唯一の村である南山城村など奈良県と境を接する地域等、多様な文化が連なっています。

http://www.yukitouro.jp/

ページトップに戻る