助成事業

公益社団法人 難民起業サポートファンド

ns_logo

法人・団体名 公益社団法人 難民起業サポートファンド
住所 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル 6階
電話 03-5379-6001
URL http://espre.org/

事業概要

日本では、逃れてきた難民を、彼らが夢見た平和な生活とはかけ離れた現実が待ち構えています。多くは収入も少なく、厳しい生活状況におかれています。一方で、自ら道を切り開いてきた難民たちの中には、そのような状況下でもそれぞれの経験を活かし、新たに事業をおこして生活基盤を創出し、コミュニティへの還元を行っている者もいます。

私たちは、このような“難民起業家”をマイクロファイナンスと経営支援で支えています。この活動により難民個人や難民コミュニティの状況改善を実現し、ひいては日本社会の活力増加にもつなげたいと考えています。

ns_espre

助成金の使途

集められた助成金は、難民起業家への融資原資、彼らの経営をプロとして支援するスタッフの人件費、およびスタッフとボランティアなどにより行う様々な経営支援活動の費用などに一部助成することで、より多くの難民起業家を支援できるように活用します。

【事業計画の概要】
  • 支援の対象者:難民(※)で、日本で事業を立ち上げようとしている方、もしくはすでに立ち上げた方。
    ※日本の難民認定は厳しいため、認定結果にかかわらず、難民性があると考えられる方を含めています。
  • 支援方法:100万円程度を上限とした少額の融資、および経営支援(プロモーションから管理まで、支援先の必要に応じて実施)を行います。
  • フィールド:首都圏を対象として想定しています。
  • 成果:難民の起業家による事業の安定、成長。ns_p2

活動報告

◆寄付者への事業報告
  • 当社団のウェブサイト・ソーシャルメディアでの経営支援の状況報告
  • 年次報告書の作成。
  • 難民起業家の事業がマス向けの事業である場合には、支援者を有償で招待し、起業家とのコミュニケーションの機会も用意することで、事業の価値を体感して頂く。
◆社会への事業報告
  • 当社団のウェブサイト・ソーシャルメディアでの経営支援の状況報告
  • 他の団体と共同で、イベントなどの開催

年次報告

実施内容
      来日した難民のうち、起業を志す、もしくはすでに起業している者を支援することで、難民自身やそのコミュニティの生活水準を改善し、また日本社会に対しても活力を与えることを目指している。この目的のため、100万円を上限とする少額の融資と起業支援を行っている。

 

      また、日本で起業という形で挑戦を行っている難民が存在することを広く日本社会に伝え、難民に対するイメージが変革することも狙っている。

 

    上記のため、期間中においては、難民起業家への融資(1件)、経営支援(約8件)、および特に学生をはじめとする若い方々や社会人への認知啓発のためのイベント(独自1件、信頼資本財団との共催1件)を実施した。
事業成果
      第1号の融資先の難民起業家である、パキスタン人の難民(中古車輸出業)においては、その後事業を拡大させており、現年度の売り上げは前年度の約2倍のペースとなっている。その後、当社団主催のイベントにおいても経験を話してくださり、参加された学生などに対して、難民のイメージを強く変革させるなどの効果ももたらしている。

 

    また、その他の経営支援を実施した難民においては、様々な事情によりまだ起業を実現させられていない方が多いが、中にはつけ麺店を経営しているミャンマー人夫妻のように、次第に売り上げを上げている方もいる。起業がまだの方々においても、真剣に独自の資金蓄積を進めており、起業の意欲を持ち続けており、近い将来にはいくつかの新たな起業家が生まれると見込んでいる。
今後の課題
      ファンドレイジングおよび、経営支援のための人材獲得に課題が残り、特に前者においては、計画している資金獲得にまだ遠く及んでいない。

 

      今後、これまでの難民起業家や経営支援の実績などを分かり易く示し、多くの支援者を得られるよう努力を続ける。

ページトップに戻る