財団について

信頼デイご紹介ムービー

第2回信頼デイの1日をまとめた映像です。

第2回目となる信頼デイのプログラム内容です。

オープニング シンガーソングライター小倉ユウゴさんのミニライブ。

 

第1部「ランチで学ぶgift economy~そして交流開始!~」
「商品を対価で支払う」マーケットエコノミーに対して「自分が受けた善意を次の人に渡す」gift economy。 京都のお野菜を使った料理を味わい、自然からの贈り物としての“食”を楽しみ、“gift”を感じ、“価値”について考えます。
【ゲスト】熊倉敬聡氏(京都造形大学教授/『瞑想とギフトエコノミー』著者)

 

第2部「共感をカタチにするソーシャルビジネス ~泣き笑いの25ヶ月~」
全国で活躍する財団融資先の社会的事業家たちが、金銭的・人的リソースも少ない中で事業を立ち上げ、泣き笑いしつつ完済まで辿り着いた25ヶ月のエピソードを披露。共感が広がるまでの道のりを振り返ります。
【ゲスト】
NPO法人!-style(エクスクラメーション・スタイル)代表 吉野智和氏
株式会社ソノリテ 代表取締役 江﨑 礼子氏
ファームアンドカンパニー株式会社 代表取締役 光岡大介氏
Rosy Future Products株式会社 代表 宮内孝輔氏

 

第3部「共感ギャザリング ~社会的事業は大変だけど楽しい!~」
ソーシャルビジネスのやりがいや苦労とは?財団助成先の社会的事業家の想いを形にする日々や人生の話から、 私たちが学べることについて、ガイド役の谷崎テトラ氏と考えます。
【ファシリテーター】谷崎テトラ氏(放送作家)・川人ゆかり(当財団アドバイザリーボードメンバー)

 

第4部「信頼ギャザリング~トークセッションとダイアログ
~未来社会の設計について、信頼が果たす役割 ~」

門川大作京都市長・鈴木菜央greenz.jp共同編集長・熊野英介公益財団法人信頼資本財団理事長 が 社会課題やその解決のための新たな価値創造、未来への希望を語り、 放送作家谷崎テトラ氏のファシリテーションにより会場の皆さんとダイアログしていきます。
【ファシリテーター】谷崎テトラ氏(放送作家)

 

第5部「懇親会・みんなのために頑張る人を囲んでトーク!トーク!                          ~豊かな関係が広がる未来へ~」
社会的事業家や、専門家の方々を囲みながら、「ソーシャルビジネス」「社会課題」「コミュニティ」という キーワードで懇親会。食事と交流を楽しみ、明日からまたつながって進みましょう!

 

「新・三種の神器」とは何か?をテーマにワークショップで参加者同士で話し合いました。

→「新・三種の神器」のみなさんの想いはこちら

 

 

<関西各地出店者による「信頼マルシェ・ミニ」も同時開催!>
【コーディネーター】有本忍(信頼衆)
英田上山棚田団、エクレレ、京極ダイニング、京北コンシェルジュ、
中村水産、百菜劇場、+FARM(五十音順)他

 

【会場】 KYOCA 3F「hacoba」・「salon」(http://kyoca.jp/)
〒600-8841 京都府京都市下京区朱雀正会町1-1
【主催】公益財団法人信頼資本財団
【共催】京都市
【後援】株式会社ウエダ本社、アミタホールディングス株式会社、京都信用金庫
【協力】京北コンシェルジュ

 

第1回信頼デイの1日をまとめた映像です。
ラストに信頼資本財団の大事なメッセージがでてきます!