融資事業

NPO法人Silent Voice

a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd.

事業概要

2017年9月から谷町6丁目駅付近に放課後等デイサービスの事業所として、聴覚障害・難聴児専門の総合学習塾「DEAF ACADEMY(以下 DA)」を作ります。

DAでは、「きこえないからこそ伸ばせる力」を伸ばすことを目標とし、①視覚による能力開発 ②教科学習指導 ③夢を育てるワークショップ を通じて、社会で活躍するリーダーを聴覚障害・難聴児から生み出すことを目的としています。

 

《「DEAF ACADEMY」詳細 》

聴覚障害・難聴児とのコミュニケーションを保障し、仲間たちと安心して夢に向かって努力・成長できる塾を放課後等デイサービス(児童福祉法に基づく制度事業)として運営する。

 

<特徴> きこえないからこそ、視覚に集中する傾向を活かして視覚による記憶力・速読力などの能力開発を行う。このことによって学力の伸長を狙う。
また、ロールモデルとなる聴覚障害者の講演を通して一人ひとりの夢・目標をつくり実現するサポートを行う。

 

<教育目標>  聴覚障害者から社会トップリーダーを輩出する。

 

<教育理念>  きこえなくてもできた。きこえないからこそできた。

 

<教育プログラム>
■ビジョントレーニングによる目の健康維持
目の視覚機能面 改善をオプトメトリストにより行う。

※オプトメトリスト:目の視覚機能が正しく使われているかチェックし、問題があれば回復のためのリハビリを行うことのできる専門資格

 

■視覚教材による能力開発

映像記憶力・動体視力・周辺視覚など聴覚障害者の強みである「見る力」 トレーニング

 

■目で聴く英語教育

発音がわからない聴覚障害児も視覚的に単語数を増やし、アメリカ手話で文法を掴む。

 

■聴者の社会で生きていくためのディスカッション

 社会で生きていくためのディスカッション

例)音のエチケット、自分の障害を伝える方法、災害が起こった時の振る舞い、心構え,etc.

 

■聴覚障害者(先輩)により教科学習指導

 

■夢を育てるメンタリング&講演会 メンターが子ども達の目標設定と管理の相談役を担う。

 定期的に社会で活躍している聴覚障害者を呼び、子ども達と社会の接点を作る。

 

事業の理念、創業の志など

尾中友哉

代表: 尾中 友哉 氏

障害者雇用促進法や障害者差別解消法(合理的配慮の推進)などの法整備が進み、「雇用」における障害者の働きやすさの向上や職域の広がりが進む。

その中で、特に身体障害者においては、健常者と変わらない活躍を実現する人材も数多く現れている。

しかしながら、こと聴覚障害者においては唯一言語の異なる障害者として職場でのコミュニケーションの 違いなどから募集をしない会社も多い。

また、社会に人材を輩出する「教育」においても、現在 98%の難聴者が聞こえる子と同じ学校に通っており、先生の話が聞こえないなどの教育課題を抱えている。

聴覚障害者が社会で活躍するための基盤づくりとして専門的教育を強化していく必要がある。

組織情報

その他情報

信頼責任者のご紹介・応援コメント  ※「信頼責任者」についてはこちらをご確認ください。

西岡博史

西岡 博史 さま

これまで「可哀そうな障害児」への観点と100%異なる聴覚障害の子ども達の強みに焦点を当て、このデフアカデミーから「社会のトップリーダー」を育成するという理念に何より共感を覚えますし、真のダイバーシティを形成する重要な視点だと強く感じます。

故にその実現のために視覚刺激を中心とした取り組みと夢と自信を育むプログラムは必ず多くの聴覚障害を持つ保護者の共感を呼ぶこととなり、継続した事業として成長できると確信しています。

 

 

中村わかな

中村 わかな さま

代表の尾中さんは、自らの生育環境から聴覚障害・難聴児を取り巻く教育環境に問題意識をもち、きこえない子どもたちが本来もっている力を充分に発揮するための仕組み作りに取り組んでおられます。

きこえない子どもたちが、きこえない仲間とコミュニケーションをとりながら、集団で共に学び、成長できる場は全国的にも数少なく、新たな社会資源として需要があると考えます。

今後、社会で活躍する多くのきこえない子どもたちの成長の居場所となることを期待し、応援しています。

 

 

 

藤本奈津子

藤本 奈津子 さま

NPO法人Silent Voiceは、”聴覚障害児”がいろいろな経験をする場を作ることで自信につながり、夢を持つ子どもを増やしたい”という想いがあります。これに多くの人が共感し、応援される事業であると考えます。

また「聴覚障害児の可能性を広げ、将来社会のトップリーダーを輩出する」という目標は、障害者の雇用に課題がある中で、社会的にも求められているものです。この点に関しても持続可能な事業であると考えます。

さらに共に仕事をすすめる中で、聴覚障害者の聴こえないからこその能力に触れ、自身の学びとなっていますし、これを多くの人に共感してもらいたいです。

ページトップに戻る